So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
お知らせ
当ブログは2010年11月をもって更新終了とさせていただきます。
記事は「空をかついで~shon'jir~」へと引き継ぎ、鋼語りはまだまだ続きます。
リンク、RSS等は新ブログへ引継いていただければ嬉しく思います。
 
引っ越しに伴いこちらでの拍手、コメントも受け付け終了とさせていただきます。
何かありましたらメールフォームまたは引っ越し先のブログへとお願いします。

 鋼FA感想INDEX    雑誌・コミックス感想INDEX

鋼FA54話 烈火の先に [鋼FA感想]

今回は久しぶりのリアルタイム視聴です。あまりにも久しぶりだったので時間に気づかずアバン見逃しました(馬鹿)録画してたからいいけどさ。
そしていつもよりあっという間に終わってしまった感があります。それだけ集中してたってことですね。

今回の絵は素敵で迫力あります。だからあのシーンも凄い威力で迫ってきます。
Aパートは殆ど泣きっぱなしで見ていました。

切り売りイシュヴァールはもしかしたらこれが最後でしょうか?内乱終結のシーンが冒頭に来ました。
このシーンを待ちわびていた人が何人いたことでしょう?
やっとここで、でもいいタイミングで来たと思います。
炎の錬金術伝授シーンは直球で来ました。ええ?葬式後直行?リザさん、下着は??

「戒めを解いてください。父が私に背負わせたものから、錬金術から、私を解放してください」

これはどういう意味なんだろう?私は色々想像しちゃってリザさんって凄い人だと思ってしまったのですが。
そしてこの台詞は後の大佐説得シーンにも大きく影響していると思います。

背中の秘伝を潰せないなら、別の方法で私を解放してくれ・・・と、そういう意味ですよね?別の方法ってなんだろう?それはお互いの死を意味するんじゃないか?でも「死をもって償う」という発想は無いような気がします。この場合は「償い」ではなく「解放」。償わせてもらえないなら死をもって私を解放してくれ、ということなんでしょうか?そしてリザを解放できるのはマスタングしかいないのだけれど・・・。

もうマスタングに選択肢は無いですよね?背中、潰すしかない。そこまで追いつめてしまった責任を感じている苦渋の表情です。そしてリザさんも、そうさせてしまった自分に責任を感じて責めているんですね。

お互いを思うがゆえに・・・。

さて本編です。
拳銃取り出す中尉の尻に萌えました。(原作でも萌えたのでこのシーンあって嬉)
先週に引き続き画面から伝わる迫力が凄い。大佐の狂気に走ったような表情と容赦ない炎の連続。そして焼かれるエンヴィーの姿。大佐を見ている中尉の表情か辛そうで苦しそうです。
映像もそうだけれど声優さんも・・・ってもう毎回言ってますよ。何度め?でも本当に毎回凄いんだもの。

やっぱりというか当然、大佐が狂気に走り自分の進むべき道を踏み外そうとしているところを皆で呼び戻そうとしています。
先週「お前にはやるべき事があるはずだ」といって送り出した大佐に、同じ意味の言葉を吐き出すエド。
スカーの言葉も重いです。彼は復讐の鬼となって生きようと決意したときに自分自身を捨てています。今の大佐にそれが出来るか?捨てることは出来るけれど、捨ててはいけない。この戦いは復讐の為のものではないし、その先にあるものを見失ってはいけないから。
そして最後に中尉の説得です。大佐に向ける銃を持つ手が震えている所に彼女の必死さがうかがえます。

オーバーラップするのはヒューズの姿。思い出が復讐心をかきたてると同時に、共に目指した場所へ向かっている途中なんだという事が大佐の中の葛藤となります。

「君にまた辛い思いをさせてしまった」
冒頭のイシュヴァールがあるからこそ、生きる言葉だと思います。あの時も自分せいで辛い思いをさせたのにまたここで同じ思いをさせて、あの時と同じことを言わせてしまったとい思いがあるから。

原作ではあまり語られないロイアイな部分の深い結びつきが、FAではちょっとしたセリフ回しや演出で強調されているなあと感じました。最終的に大佐を呼び戻すのは中尉の存在なんだということがすんなり入ってきました。
エドやスカーの説得もそれぞれ意味があって大佐を引き止めるのに一役買っているところが嬉しかったです。

エンヴィーの最後の長台詞も素晴らしかったです。そしてその言葉をじっと黙って聞いている大人たちの無言の演技も。だって確かに・・・エンヴィーの言ってい ることは全て自分たちがやってきたことなんですから。そしてそれを乗り越えて今がある訳です。色々な経験をして、お互いに助け合って高めあって(落とされ ることもあるけれど)学習し成長して人間になっていくんです。二ーナの事を指摘されても動揺すること無く冷静でいられるエドをしみじみと見ちゃいました。
エンヴィーはそういう人間に嫉妬していたのでしょうか?それを指摘したのが一番経験の少ない少年のエドだという事にも意味があるのだと思います。

バイバイ、エドワード・エルリック・・・・。

そう言って消えてゆくエンヴィー。私は特にエンヴィーが好きだったりした訳ではないですけれどやっぱり今まで活躍していた彼が消えてゆくのは悲しいです。彼も素晴らしい敵役でしたから。

Bパートは軍部中心。
豪腕姉弟スカッと大活躍です。自分を銃殺に来た兵士たちを仕切って指示を出す姐さんが素敵すぎます。またその指示が的確で具体的なあたり。片手なのに十分渡り合ってるし。

弟を心配しているのは兵士たちで姉はちっとも心配してないというか・・・あれは信用しているという事なのね。そして肩が入った弟、素敵!エクセレント&エレガント!!嬉しそうな姉表情も見逃せません!

この姉弟は口では色々言っていてもしっかり信頼してるあたりがいいよね。

ブリッグズ兵、やったカーリーさん台詞付き!
師匠の「錬金術師だ!」でED。ここがね、今までの「主婦だ!」より数倍格好良く聞こえました。あ、いや単に文字数の関係だけかもしれませんけど(笑)
そろそろ女傑&筋肉友情が見られるかな~。楽しみです。

EDはお父様とホーエンハイムの映像に挿げ替えて静かに。

物語の本筋には全く関係ないんだけど。
描 くの面倒だから屋根付けちゃった大階段(笑)さあどうする?という問題が随分前にヨタ日記に書かれていました。アニメガイドブック3では美術さん達の苦労 話の中にそれが出てきて何とか辻褄を合せるという事でしたが・・・今回の映像を見ていてもしかして北軍戦車が屋根吹き飛ばすのかなあ?なんて考えちゃいま した。さて、どうなんでしょう?

蛇足ですが・・・書きだしたらウダウダと長く纏まりの無い文章になってしまい、いつまでも書き上がらない予感がしたのですっぱり記事の半分を切り落としました。
以前にこの件に関してちょっと書いていますがなんかもうそんなのどうでもよくなってしまいました(笑)
アニメ鋼FAの凄さに圧倒されています。

鋼FA55話 大人たちの生き様

鋼FA53話 復讐の炎

54話


コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
kon

こんにちは。Aパートでなぜか笑えてしまったkonです。ごめんなさい。
なんだろう?あの緊張感に耐えられなかったのかな。
冒頭のエピソードは感動でした。
>そうさせてしまった自分に責任を感じて責めているんですね
こういう複雑な感情の動きが何となく視聴者に読みとれる演出がすごいと思いました。

師匠の「錬金術師だ!」も格好よくて、嬉しかったです。
ああ、これは師匠物語を見ろという事か?!

10万ヒットおめでとうございます。ウチの倍ですよ。さすがだ!
あ、ウチのブログのお客様が増えたのは、conianさんのおかげか! ありがとうございます。
by kon (2010-04-28 10:24) 

conian

kon様

真面目すぎると頭沸騰しますから笑えるくらいでちょうどいいと思います。私も大佐の高速連続指パッチンには笑いました。耐えられない(笑)

何だか色々凄過ぎて飽和してます。
大人の関係だから(変な意味で無く)原作ではあまりはっきり描かれなかったことが、それとなくわかる作りのFA・・・やっぱ凄いですね。

師匠物語、見てください。最高ですよ。

>おめでとうございます。
ありがとうございます。鋼FAが頑張って面白くなってきてる証拠だと思っています。私の力じゃないですよ。
記事数から考えたらkonさんの方が凄いと思います。
私はkonさんの粋な文章が大好きで毎回楽しみにしています。
by conian (2010-04-28 20:01) 

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。