So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
お知らせ
当ブログは2010年11月をもって更新終了とさせていただきます。
記事は「空をかついで~shon'jir~」へと引き継ぎ、鋼語りはまだまだ続きます。
リンク、RSS等は新ブログへ引継いていただければ嬉しく思います。
 
引っ越しに伴いこちらでの拍手、コメントも受け付け終了とさせていただきます。
何かありましたらメールフォームまたは引っ越し先のブログへとお願いします。

 鋼FA感想INDEX    雑誌・コミックス感想INDEX

鋼FA22話 遠くの背中 [鋼FA感想]

ラストシーン、これだけでもう今まで半年分の鋼FAを堪能した気分です(意味不明)。すべてを凌駕する破壊力(笑)←私にとってだけ?そして堪能したのはそこだけでないこともポイントです。まあ、そこに至るまでに若干苦言もない訳じゃないですが、そんなものはもうどうでもよくなっています。
ありがとう、鋼FA

リアルタイムで見られなかったので録画はばっちりだったのですが、帰宅してすぐに見れませんでした。気持ち的に・・・。家事を済ませ、風呂に入り、何者にも邪魔されない状況を作ってなお、再生ボタンを押すまでには時間がかかりました。そのくらい思い入れが有り余ってはみ出しています。だからこそ、過大な期待はしないように、冷静になるのを待ってポチっと・・・(笑)

いきなりグラトニーで大流血ですよ、リン素敵。ここのBGMの入り方いいです。シン国仕様?
しかし流血はガンガン行きますね・・・このアニメ。
大総統VSリンのこういう動き好きです。スローのテンポがいい。
そしてここにも、捨てられない(捨てない)者と、捨てて進む者の対比があります。
どちらが王としてふさわしいのか?そもそもブラッドレイは人を束ねて頂点に立つことを目的としていないのではなから切り捨てる事に躊躇いはないのだと思います。そういえばグリードもまた捨てられない者だったなあ・・・だから・・・?

ヒューズの墓参りのときのウィンリィの表情が何とも切ない感じです。
そして一転してエルリック兄弟大暴れ(笑)の噂。呆れた顔から、心配顔への変化に両親の背中を重ねていくところがここ数回のウィンリィの心理の変化とも重なります。

エドVSスカーがまたいいですよね~。パイプよじ登り転落シーン(笑)アルに助けられて、お礼言っても怒られてるし。今回唯一のギャグシーン。入れ方、段々心得てきてます。戦いの主導はアルですね。兄さんは迂闊です。ウィンリィが来た事にも気がつかず・・・アルが気がついて止めても間に合わず・・・。
ここのエドからウィンリィにカメラが移る流れが好きです。長くひいてから、戸惑うウィンリィとか、気がついて「しまった」という顔になるエドとかを短く見せて。

拳銃を手に取り、泣きながらスカーに銃口を向けて・・・。そしてイシュヴァ―ル回想が始まります。
ああ、やっぱり切り張りイシュヴァ―ル確定。でもそれでいいと思います。イシュヴァ―ル回想は必要な時に必要な人の回想として使われていけばいい。私はそう思います。

それにしても、ここまでやりますか?イシュヴァ―ル。テレビの規制ってセリフだけなの?と、毎回惨殺シーンみて思います。(私は全然平気だけど)
同胞を虐殺していく青い目のアメストリス国軍を強調し、そしてロックベル夫妻の青い目。無くなってしまった故郷と同胞。スカーにも同情できる事情があるんです。でもスカーはこの辺の事情については一切口にしません。これからも。(今のところ)

エドウィン的観点からいけば、名シーンぶった切り(笑)と思うかもしれませんが、でもここは後の「復讐(憎しみ)の連鎖」についての重要な伏線となるシーンなのでスカーの視点が入った方が分かりやすいんだと思います。ウィンリィにはウィンリィの、スカーにはスカーの復讐の理由があるんだということです。

背中はロックベル夫妻とエルリック兄弟だけではなく、スカー兄とも重なっていきます。そしてスカーは自分自身とキンブリーも重ねる事になります。そこが重要。

スカーのシーンでどうしても15巻のオマケが浮かんでしまってヤバいです。責任とって下さい荒川先生!(笑)

そして・・・「撃つな~!」までは良かったんですけどね(笑)いや、ウィンリィを止めるエドの止め絵・・・あの・・・スカー兄の方がカッコいいんですけど(爆死)あ、でもしっかりウィンリィの拳銃を抑えてます。ええ、そこはもう見逃しませんよ、どんなに目立たなくとも(笑)

アルがいちいち格好良いです。もう鋼FAで私はアル(釘宮さん)の虜になりつつあります。アルの「バカ兄!」が好きです。
そして猫キター!(笑)しかも可愛いっす!

ここから先はもう、何といってよいのやら。
ウィンリィの指を一本ずつ拳銃から剥がしていくところ。
剥がしながら言うセリフが「俺に立ち上がるための手と足をくれた」
拳銃が無くなった素の手を握り締めて「お前の手は人を生かす手だ・・・だから・・・・」そして号泣。(私も泣)

ここのウィンリィの泣き声が私にはぐっと来ました。こういうところがやっぱりアニメのいいところです。そして鋼の指のカチャカチャという効果音がまたそそります。

ウィンリィはエド胸に頭押しつけて号泣です。
エドはウィンリィの腕をギュッと握りしめています。
そこがいいんです!抱き締めないところがポイント!
二人が20歳くらいだったらもうここで擁きあってください(笑)でも15歳だから。
エドにはまだその自覚も覚悟もないから腕ギュでいいんです。いや寧ろこの腕ギュに萌え・・・・。

原作では憲兵さんたちに見守られる中で人目もはばからずコレですからね。(そこがまたポイント高)
アニメは二人っきり。これもまたいいですね。BGM無しでいたところにエンディングが被さっていくところがいいです。

エドはウィンリィが自分(とアル)のためにも泣いているって気が付いているかな?
自分が泣かせてしまったとは思っているだろうけどそれは迂闊にも両親の仇がスカーだと知られてしまった事でだと思っているよね。それだけでなく、エドとアルを思って泣いている部分に、どれだけ気が付いているだろう?

心配していた顔が、決意の表情になって顔をあげた処で次週に・・・。また次週が凄く楽しみになります。予告でいったらアレも来ますか?来ますよね?
来週はリアルタイムで見ますよ!来週も正座ですよ!って、2クール入ってから本当に目が離せません。

<オマケ>ガンガン予告!表紙?扉?のエド素敵。ちょっと大人っぽい感じがいいな~。

関連記事 イシュヴァ―ル

鋼FA23話 戦場の少女
鋼FA23話 戦場の少女2

鋼FA21話 愚者の前進


コメント(2)  トラックバック(4) 
共通テーマ:アニメ

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
kon

こんにちは。リンのりりしさにちょっと転びそうになってます。
ブラッドレイとの対決が良かったな、と思います。尺の関係か、出番かなり減らされてますけどそれでも今回は「やっぱ君王子様なんだねぇ」と思わせてくれました。

エドアルVSスカー戦、アルのほうがクレバーな感じがします。エドは「力技野郎」な所がいいと勝手に思っているので、無問題です。

抱き締めないところがポイント。なるほど。
あのシーンは良いですよね。エドがウィンリィを大事に思っていることが伝わってきます。

エドは単純なので、「また泣かせた」と思ってるんじゃないかと。自分たちを案じてくれてることには、なかなか気づけないお年頃かなと思います。
だからこそ次回が生きてくる! はずです。多分。
by kon (2009-09-07 11:28) 

conian

kon様、こんにちは。
シン組、確かに出番少なくてランファンの活躍も見られませんでしたが・・・でもそのかわりリンが頑張ってくれていて、何か原作より格好良いですよね?彼も彼なりに王子として背負っているものを時折見せてくれていてそんなところに惚れます(笑)

>エドは「力技野郎」な所がいいと勝手に思っているので、無問題です。
まったく同感です。で、アルが言いたいように言ってるところがまたいいんです。(大佐に対しても結構言ってるしな~)

>抱き締めないところがポイント
ここが大事です(笑)

この時点ではウィンリィが段々気が付いていて、でもエドはまだ全然気が付いていないってところが色々ツボです(笑)
アルは気が付いていそうですけどね~。

また次回も楽しみです。

by conian (2009-09-07 19:53) 

トラックバック 4

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。