So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
お知らせ
当ブログは2010年11月をもって更新終了とさせていただきます。
記事は「空をかついで~shon'jir~」へと引き継ぎ、鋼語りはまだまだ続きます。
リンク、RSS等は新ブログへ引継いていただければ嬉しく思います。
 
引っ越しに伴いこちらでの拍手、コメントも受け付け終了とさせていただきます。
何かありましたらメールフォームまたは引っ越し先のブログへとお願いします。

 鋼FA感想INDEX    雑誌・コミックス感想INDEX

鋼FA20話 墓前の父 [鋼FA感想]

展開がシリアスに迫ってます。その中で色々楽しい部分もあったし、残念な部分もあったし、またしても涙腺崩壊しそうになったりもしたし。(ええ、私涙腺弱いです。かなり。)

おちゃめなパパはなりを潜め最後までシリアスに決めて、予想通りホーエンハイムはあっという間に立ち去って行きました。
そしてエド、アル、ウィンリィの、物語の核心に触れる思いや行動があらわになっていきます。

色々言いたいことはありますけどね(笑)

前半ちょこっと愚痴らせて・・・(笑)そしてやっぱり長いんです・・・。

ホーエンハイムのおちゃめシーン(笑)はすっぱりばっさり。
だから彼はエドのイメージ通りちょっと怖いシリアスな人物になってます。
いやこれはこれでいいと思います。
原作でもこの時点ではこっち側なのかあっち側なのか分からない不審人物でしたから。
でもやっぱり「史上最小国家錬金術師」と「おそろいだ」は見たかったです・・・。

墓前での「逃げたな、エドワード」
ああ、もう私はこの会話だけで一記事書けそうなくらい思い入れ無駄に有り余っています(笑)
「どうやって叱っていいのかわからん」と原作では言っていたホーエンハイムですが(そのシーンがなかったのは非常に残念ですが)人体練成をして失った体を取り戻そうとして、決意のもと家を焼いた兄弟に向かって「逃げたな」と言えるのは彼しかいないと。

ちょっとシリアスすぎて若干違和感が・・・とか言っちゃ駄目ですかね?(苦笑)

寝ているエドに触れようとして躊躇ったり、激可愛子エドアルを思い出したり、写真を持っていったりと、愛情はあるけど訳ありな感じは出ています。

日曜の夕方、お盆も終わりのこの日に墓掘り&嘔吐。良くやってくれました。
そして何がいいって「アルは元に戻れる!」のときの表情と、そのあとのアイキャッチに子アル!
そして子エドで始まるこの流れ。
雨上がりの薄明るい墓前のばっちゃんとエドもいいです。

いついかなる時も正座しているランファンや、アルの代わりに怒るウィンリィ、ウィンリィへのプロポーズ話をぶり返すエドの照れ照れな表情(自分の事じゃないのになんで赤くなってんだよ)等々に、私はすっかり癒されています(笑)。
特に最近のウィンリィにはやられっぱなしです。良い娘だよ、可愛いよ~。
幼馴染3人の絆の中心にいるのがウィンリィなんだよね。
エドとアルのそれぞれの辛さと哀しさを知ってるのはこの娘だけ。

そしてイズミ師匠。シグさんとの関係。
子供練成の時もそうでけどこの夫婦の絆もさりげなく大切に描かれています。いいな~。

階段シーン。
アルの決意の中に、ちゃんとデビルズネストのキメラさんたちとグリードさんの姿がありました!(涙)
彼らの生きざまがアルに与えた影響がちゃんと描かれていて良かったです。本当に。
そしてアルの話を聞くエドの表情もいいです。

エドはアルをこんな体にしてしまったという負い目を感じているし、アルはそんなエドの思いをやっぱり自分のせいだと思っている。その上進んでいこうとする道の上にあるのは、さらに他人を巻き込んでしまうかもしれないという思い。

最初は辛そうにしていたけれどアルの思いと自分の思いが一緒になった時にみせる決意の表情。

エドはクセルクセスでロス少尉と再会したときに、アルは失意のホークアイ中尉を守るときに決意したことを、ホーエンハイムが投げかけた事実が後押しする形になっています。
出した結論は二人とも同じ、前に進む事。
それを後ろから見守るウィンリィ。気づいちゃったね、背中に!

ここのBGMがね、きっと賛否両論あると思いますが私はしんみりとした曲流すよりこれくらいの方があっていると思います。物悲しいけど、力強い良い曲です。これから進んでいく決意の表れなんですから。
って、来週一回お休みですか!?ただでさえ尺が無いというのに!

裏◆20話


鋼FA21話 愚者の前進

鋼FA19話 死なざる者の死

コメント(2)  トラックバック(3) 

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
kon

conianさんこんにちは。
お茶目なパパのエピがなかったのは私も残念です。でも、ここは「どっち陣営かわからない人」という演出のほうが大事だったのでしょうね。
そう、「逃げたな」は彼が言うべき言葉なんですよね。原作で初めて読んだときは「なんて冷たい男なんだ」ってむかっ腹立ちましたが。
先を知っているというのは痛し痒しです。つい、余計なことを考えてしまってイカンなぁ。と思ったり。

今回の話、良かったと素直に思ってます。次が楽しみです!
by kon (2009-08-28 10:03) 

conian

kon様
コメントありがとうございます。

「逃げたな」で、やっぱり無駄記事一発やらかしてしまいました(汗)

私も原作で最初に読んだ時にはこのセリフに大ショックだった訳ですが・・・色々知ってしまうと奥深いセリフですよね。他の誰でもなく、彼がエドに言うことに意味があるんです。

色々あっても私はこの鋼FA、大好きですしこの先も楽しみです。
by conian (2009-08-28 23:13) 

トラックバック 3

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。