So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
お知らせ
当ブログは2010年11月をもって更新終了とさせていただきます。
記事は「空をかついで~shon'jir~」へと引き継ぎ、鋼語りはまだまだ続きます。
リンク、RSS等は新ブログへ引継いていただければ嬉しく思います。
 
引っ越しに伴いこちらでの拍手、コメントも受け付け終了とさせていただきます。
何かありましたらメールフォームまたは引っ越し先のブログへとお願いします。

 鋼FA感想INDEX    雑誌・コミックス感想INDEX

鋼FAについて [雑感]

尺がない、超特急、あのシーンがないとか誰がいないとか、さんざん言われていますが。 
(私も言ってますが)

もうストーリーはダイジェストで結構。
その代わり、見やすくて分かりやすい画面で見せ場をしっかり創ってくれれば。

 

そもそも原作がヒット作にあるまじき密度できっちり詰め込んだ造りになっているのに今更どこをどう削ればいいのか?
もう荒業で行くしかないでしょう?

たしかに、削ったエピソードがあればもっと作品の深みが出たかもしれない。でも・・・。

原作のきっちりさ、細かさ、伏線の綿密な貼り方、書き込みは、漫画だから効果的なんだと思います。
ページをめくればさっと戻れるし、じっくり舐めるように読むこともできます。
例えばカーテンでロープ練成とかさ、アニメできっちり描いたって誰が何人気がつくんだ?といいたい。
漫画だからそこで立ち止まってあっ!と気づいてほくそ笑むんだよね。

アニメは流れて行ってしまいます。録画してコマ送りして見ている人はごく一部。
流れて行く画面とセリフの中でどこまで伝えたいことを伝えられるか。
漫画と同じ方法を使っていたらできません(多分・・・)

11話くらいから削れるところを大胆に削り多少のオリジナルを入れて、アニメのハガレンになりつつあると思いますがどうでしょうか?
12話だってあれだけの話をよくぞここまで短い時間でわかりやすく纏めてくれたと私は評価します。
ちゃんと「見ていて楽しい」ものになっているということもポイントです。

本音を言えばもうちょっと余裕の作りで原作のエピソードの一つ一つを大切に作り上げていって欲しいとは思うんですよ。
ほんとはね。そういうハガレンを見たい!という気持ちもあります。わかります。
でも丁寧にじっくりやったからって良いものが出来るとは限らないし。(できる可能性も高いけど)

吟味して考え抜いて、残すべきところをちゃんと残しておけば伝わるべきことは伝わるんだと思います。

そういうアニメを私は受け止めたいと思っています。

不満があったら言いますけどね。あくまでも自分の感想だから。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 1

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。