So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
お知らせ
当ブログは2010年11月をもって更新終了とさせていただきます。
記事は「空をかついで~shon'jir~」へと引き継ぎ、鋼語りはまだまだ続きます。
リンク、RSS等は新ブログへ引継いていただければ嬉しく思います。
 
引っ越しに伴いこちらでの拍手、コメントも受け付け終了とさせていただきます。
何かありましたらメールフォームまたは引っ越し先のブログへとお願いします。

 鋼FA感想INDEX    雑誌・コミックス感想INDEX

鋼FA11話 ラッシュバレーの奇跡 [鋼FA感想]

もう、何をどう突っ込んで良いのやら・・・(笑)

すっごい、がんばって端折ってる。半端ない端折り方。でも面白かったなあ、前半は。

エドの素敵な半裸とか。
銀時計がない!ギャグのまんまのポーズで素に戻るところなんかすっごい好きなんですけど。(何気にエドのケツが・・・)

兄さん、パパをも凌ぐようなあの練成ができるなら橋なんてちょろいもんじゃ・・・って思ったら橋そのものの存在意味が無くなっていた。橋のシーンが無くなったって話は通じるけどさ・・・実際出産に男なんて居たって無力だし。
でもエドの「ここでも肝心なときに錬金術師なのに何もできない」って無力感は半減かな。

妄想兄さん!いくらなんでもでか過ぎ。でもそんな極端な想像力のエドが好き。

前半は気持ちいいくらいに絵もきれいだしテンポもよいしギャグも楽しいし。
パニーニャもウィンリィも妙にエロい(笑)

比べて後半のグダグダさが・・・
二人でいすに座るシーン、いらねぇ。
ウィンリィの手を取って椅子に座らせるシーンはさあ、こう、もうちょっと情緒を、ねえ?
腰抜かしてんだからさ。それがだめならいっそ原作のように座るシーンなんてすっ飛ばしてくれたほうがよかったなあ。
原作にないシーンだっただけにちょっと期待してました(涙)そんな肝心のこのシーンの絵が微妙(苦笑)この話の一番のポイント(私的に)だって処が一番グダグダ(涙)
ここ以外は良かったんだけど・・・。

なんでお前が泣くんだよが過去と現在と重なるのはいいよね。
ウィンリィの涙はすべて兄弟のもの。(自分のために泣いていたどこぞのヒドインのことは・・・もごもご)

無くてちょっと残念だったのは、カルバリン砲は男のロマン、ウィンリィとドミニクの機械鎧語り。そしてリゼンブールの女豹。
男女平等!がないとただの暴力だよ、パニーニャ殴り。

最後の列車シーンは最高に良かったですよ。もう、前半とこのラストだけでも十分楽しめました。
あ、あれ?グリードも指名手配?

ただ、

私は原作のこの銀時計話で本格的にエドウィンに落ちた人なので・・・。
リゼンブールではまだ気の強い幼馴染でしかなかったし、セントラルではまだアルウィンの可能性もあるなあ~とか思っていたし、で、ここですよ。
アルが知らない二人の秘密の共有。ウィンリィの決意はある意味告白。二人とも気が付いていないところがいいんです。
落ちてから読み返すとリゼンブールもセントラルも意味深ヨ。
別にここを長い時間かけてやってくれとは言わないけどさ、この長さで十分だけどさ、もうちょっと何とかなっただろう?作画?え?

ま、いいです。次のエドウィンポイントに期待します。

あとさ、パニーニャの足はもうちょっと強調しとかないと・・・・。この後のアルとダブリスのキメラたち(なんか妙に語呂がいいな)の話と呼応しているよね?まあ、はっきり言ってはいないけど。いや、端折られなかっただけマシか。


鋼FA12話 一は全、全は一

鋼FA10話 それぞれの行く先


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 2

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。