So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
お知らせ
当ブログは2010年11月をもって更新終了とさせていただきます。
記事は「空をかついで~shon'jir~」へと引き継ぎ、鋼語りはまだまだ続きます。
リンク、RSS等は新ブログへ引継いていただければ嬉しく思います。
 
引っ越しに伴いこちらでの拍手、コメントも受け付け終了とさせていただきます。
何かありましたらメールフォームまたは引っ越し先のブログへとお願いします。

 鋼FA感想INDEX    雑誌・コミックス感想INDEX

鋼FA6話 希望の道 [鋼FA感想]

今回リゼンブールは一回分くらいかけてやってほしかったなあ~というのが正直なところですが、やっぱ尺の問題で仕方ないんでしょうかね。
でも短い時間でよくまとまっていたし、前期のこの話より(私にとっては)よっぽどいい話になって・・
・ウィンリィとかウィンリィとかウィンリィとか・・・・

ラストが突然出てきたとか組み手に少佐が入ってないとかまあ、細かいところはいいです。
でもモブ男さん出すくらいなら列車にラストを!(笑)
いや、モブ男さんちょっと嬉しかったですけど。

スペア左足のヒョコヒョコ歩きとか、なれない感じとかがちゃんと出ていて良かったなあと思います。
前回の右手もそうなんだけどあるべきものがないその不自由さを自然に描くのって大切だと思うんです。
原作でもそうだったし。そういう細かいところに力入れてほしい。そしてそういうところに私は萌えます(笑)

あと、デン!デンかわいい~!!ニワトリひよこ達も。
アルと動物たち。あ~やっぱリゼンブールはいいねえ。
羊飼い親子のあえてセリフを省いたのもGJ。
動きだけで何言ってるかわかります。そしてここのBGM好き。

イシュヴァールの話のときの少佐が言いよどむ感じがまたいいです。
あのひどい戦いのなかで少佐が何を感じていたのか・・・それが原作でああいう形で描かれた後だからできる演技、と、思います。
ここまで原作が進んだからできる表現もあるし見ている方も深読みできる

ところで・・・前回に引き続き、髪解いたエドになぜあんなに色気を注入してるんですか?(これはかなり不満)

鋼FA7話 隠された真実

鋼FA5話 哀しみの雨


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。