So-net無料ブログ作成
お知らせ
当ブログは2010年11月をもって更新終了とさせていただきます。
記事は「空をかついで~shon'jir~」へと引き継ぎ、鋼語りはまだまだ続きます。
リンク、RSS等は新ブログへ引継いていただければ嬉しく思います。
 
引っ越しに伴いこちらでの拍手、コメントも受け付け終了とさせていただきます。
何かありましたらメールフォームまたは引っ越し先のブログへとお願いします。

 鋼FA感想INDEX    雑誌・コミックス感想INDEX

DVDだ!GO!! 13巻~それもまた彼の戦場 [関連商品等]

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 13 [DVD] 荒川先生描き下ろしBOXのパッケージNoir 黒です。
13巻のパッケージはグリリンとランファン。そう、グリリンと、なんですよね(ふふふ)

ああ、もうこのDVDもこのBOXで終わりなんだなあ~としみじみ。
収録作品もクライマックスに向けて勢い増していきます。

どんどん段々アクションバリバリになるんだよね。

 

 

続きを読む


鋼FA ガイドブック4 [関連商品等]

TVアニメーション「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」 オフィシャルガイドブック 4 やっと手に入れました!

何でかな?結構発売日に入手困難。どこにも売ってなかったよ!! 4軒はしごしたよ!
・・・3の時も当日には売っていなくて数日あけて書店に並んでいたという事実があったのであまり焦ってはいなかったのですけど「無い」となると無性に欲しくなるものです(笑)

続きを読む


鋼の錬金術師 26巻 [コミックス感想]

鋼の錬金術師 26 (ガンガン コミックス) この巻で最終巻だと思ってた人は結構いたみたいですね。通常ならばね・・・。

この辺から一回分のページ数が半端なく延びていますから通常4~5回分で一巻ですけど3回分収録です。そして多分最終巻は2回分。だって最終回があの厚みですから(笑)

怒涛の展開というか、びっくりというか・・・。

いや、なんかもうガンガンで衝撃受けてさらに鋼FAでがっつりかまされたので当時の衝撃と興奮はさすがに今は無いです・・・。だからちょっと冷静になって感想を書く事が出来れないいなあと思っています。

そういう意味で、アニメ見てないコミックス派の人たちの衝撃が・・・若干羨ましくもあります(笑)

どこをとっても見どころ語りどころ。


錬金術を科学する!! [関連商品等]

100812_134108.JPGまあ、いつの間にこんなものが出ていたのか?公式ではないのか??

使われている画像はFAです。多分表紙のロイエドは描き下ろしですよね?
アニメディア一体?と思ったら学研なんですね、ベースが。道理で。

FAの名場面と名台詞?をふんだんに取り入れて、錬金術を小中学生レベルの科学で解明してあります・・・と思ったら参考文献は高校教科書までとありました。結構すごいやね。でも対象年齢は多分小学高学年あたりかな?

最寄りの書店にアニメガイドブック4とポストーカードブック2が無かったので!!!腹いせに買って来たようなもんですけど(笑) 良く作ってあるし結構面白かったですよ。(悔)

アマゾンに画像無いので携帯で撮ってみました。

以下は突っ込みです。


FAと荒川鋼ともう一つ。 [雑感]

今更ながら、FAと原作がほぼ同時進行でファイナルをむかえたのって凄い事ですよね・・・という記事を書こうと思っていたのですがうまく文章が纏まりません。

変な話なのですが、ほんの僅かな差ではあっても原作がアニメより前に終わったという事が嬉しくて仕方ないんです。

何故?

それは荒川弘の「鋼の錬金術師」が確立した上でのFAであってほしいと私が切望していたからなんだと思います。

最終回間際のあの原作のボリュームを考えると、アニメスタッフに内容だけ伝えておいて先にアニメが終わり、それを後追いするように原作が数ヵ月後に終わると言う形になってもおかしくないですよね?でもそうはならなかった。

荒川先生が鬼のように(か、どうかはわからないですけど 笑)大増ページを繰り出してくれたおかげなんです。それって凄い事だよなあ~と改めて今頃(遅過ぎ)しみじみと思い、何だか知らないけどうるうるしてたりします。

FAスタッフも多分ギリギリまで原作を待ってあれだけの物を作りだしてくれた。

 

もしFAが先に終わってしまっていたら・・・・。私の感じ方も変わっていたかもしれません。

実際アニメみていたコミックス派の人たちは形上そういう事になっているんですけど、実際発表された時期が重要なんです。
その辺の事を上手く言えない自分がもどかしいんですけど(苦笑)

 

で、そのクライマックスにおいて。
原作とFAがほんのわずかな差でほぼ同時進行に近い形となったときに・・・私の中でこの二つが微妙に絡み合ってほどけなくなりました。
FAと、原作の、キャラや細かい設定の機微が違っているのはわかるのですがそれらを超えてお互いが補い合って一つの作品として私の中に存在するような感覚があります。

1クール目や2クール目ではなかった感覚。あくまでもこのクライマックスにおいて・・・です。

FAも、荒川原作も、一つの作品として存在します。
それとは別に・・・いや、別というには近すぎる気もしますが確実に私の中には入り混じった第三の鋼が存在します。

そんな感覚で居るのは私だけなのかもしれませんが。

 

 

 

だからなのかな?原作が先にきちんと終わってくれたことで荒川鋼が確立しているような気がするのです。
う~ん。やっぱりうまく言えない。

FAも、荒川鋼も、第三の鋼も・・・・私の大切な「鋼の錬金術師」であると、自信もって言えます。
これだけは。


前作~♪ [雑感]

今日会った友人。
FAはDVDに撮りためておいて原作コミックスで完結してから見るんだと言ってました。

「8月じゃ終わらないと思うよ・・・」
「え?そうなの?」

だってガンガン大増ページだったものね。
今月のコミックスとガンガンで補完できるのかなあ?一話位抜けちゃうかな?どうなんだろう?

んで、 何をしていたかというと「水島版華やかなりし頃の同人誌」を見せてもらったり、アニメ見たり編集してもらったりしてました。

続きを読む


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。