So-net無料ブログ作成
検索選択
お知らせ
当ブログは2010年11月をもって更新終了とさせていただきます。
記事は「空をかついで~shon'jir~」へと引き継ぎ、鋼語りはまだまだ続きます。
リンク、RSS等は新ブログへ引継いていただければ嬉しく思います。
 
引っ越しに伴いこちらでの拍手、コメントも受け付け終了とさせていただきます。
何かありましたらメールフォームまたは引っ越し先のブログへとお願いします。

 鋼FA感想INDEX    雑誌・コミックス感想INDEX

三十六計逃げるにしかず [雑感]

と言ったのは「軍部祭り」のヒューズですが。(元は中国故事)

ちょっと前になりますが、最終的にトップに立つのは誰なんだろう~とぼんやりと考えていました。
お話的に、ストレートに大団円を考えるならマスタング大佐だろうなあ。
でも、イメージとしてマスタング組の面々が慌ただしく事務処理(戦後処理)している姿しか浮かんできません。
大佐本人は何処??(笑)

アニメ未登場のキャラに言及あり。注意。


鋼FA25話 闇の扉  [鋼FA感想]

最近は随分安心して見ていられるようになったので、あれやこれやの追加エピソードに萌えてます。
とりあえずシャオメイ祭り・・・って毎回、何かしら祭ってますが(笑)
いいよね。私にとって鋼FAは週に一度のお祭りですから。(ひらきなおり)

今回くらいはあっさり行きたいものです・・・。


鋼FA24話 腹の中 [鋼FA感想]

事あるごとに今期のアルが良いと言っていた私にとって、今回は「プチ・アルフォンス祭り」であったはずなんですが、最後に全て持っていかれました。
グラマンとレイブンに!(・・・ってそこですか?)

最近は抜けてしまった話や会話より、独自に追加された細々なエピソードの方が目立っているような気がします。グラマンとレイブンの化かし合い(大佐がらみ)等は、面白い解釈だなあ~と思います。

では、続きを。


ごめんね、鋼FA サントラ [関連商品等]

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST Original Soundtrack 1千住明さんのBGMは好きだし、このところ楽しませてもらっているので予約はしたんだけどさ・・・・。

予約した時点ではジャケット未定だったな、そう言えば。

 

 

 

続きを読む?気分を害する人がいたら申し訳ないのでたたみます。


検索ワードと近況とゴールデンタイムラバー? [雑感]

いつも自分の記事書き上げるまでは他を読まないようにしているので、出来るだけ当日か翌日くらいまでに書きあげるようにしていたのですが・・・・。24話、来週はちょっと難しいかもしれません。

いや、勢いがつけば分からないですけど・・・ん~~でもやっぱり時間的に無理かなあ。
そんな感じです。

連休中には何とか書き上げたいです。

ちょっとチラ裏的話なので興味ない方はスルーで。


鋼FA23話 戦場の少女 その2  [鋼FA感想]

2クール目のこの辺に当たる話は、原作でも色々な事が一気に噴き出して面白くなって盛り上がりを見せるところです。最近の鋼FAはここで頑張らねばどこで頑張るんだくらいの勢いでやってくれていますよね。確かに粗さはあるけれどそれも魅力の一つです。で、今回はその粗さが目立たない上、細やかなシーンの数々が心を捉えます。

もう最近、長くなるのは当たり前になってきてます。


鋼FA23話 戦場の少女 その1 エドウィン感想 [鋼FA感想]

言いたい事が沢山ありすぎで何から手をつけてよいのやら・・・。原作にない細かい(本当に細かいなあ・・・)追加シーンの数々に私の心は千々に乱れ、狂喜乱舞です。ありがとう鋼FA。ありがとう土屋さん。

長くなってしまったので、とりあえずエドウィンから語ります。


永遠の暇 少年ガンガン 2009年10月号 [雑誌感想]

少年ガンガン 2009年 10月

雑誌感想はさらっと・・・・行くのが定番だったのに!
さらっと流せない展開になっちゃってます。ギャー。

続き。


鋼FA版「盲目の錬金術師」再考~残酷な現実と嘘の上の平穏 [関連商品等]

隠し通せるはずのない現実を中途半端な優しさと嘘で隠そうとした大佐に、中尉は「残酷です」と言い放った。
16話「戦友の足跡」での話。
いつかは知れる事。後で知った時の心の傷の方が大きい。それは隠した人間にとっても。

苦手な話だったから、さらっと見て適当な感想を書いてお茶を濁してしまったけれど、16話にこのシーン、このセリフを入れて描いた鋼FAのスタッフが「盲目の錬金術師」をどう作り上げたのか?

もういちどちゃんと見てみようと思った。

続きを読む


君と歩いてく それだけは変わらないでいようね~LET IT OUT [関連商品等]

LET IT OUT(鋼の錬金術師描き下ろしジャケット)?

 

 

 

 

again」も「嘘」もDLで済ませていたのに、「ホログラム」と「LET IT OUT」はCD買っちゃいました。

「ホログラム」は特典DVDに鋼映像がついてたので。

そして「LET IT OUT」についてはもうコレです。
このジャケットが欲しかったんです!

後ろ向きのアルの肩に機械の右手を添えるエド。その微妙な表情とエドを振り返るアル。
曲を聴きながらジャケット見てるだけで涙が出て来そうになります。

ジャケット裏がまたいいんです。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。