So-net無料ブログ作成
検索選択
お知らせ
当ブログは2010年11月をもって更新終了とさせていただきます。
記事は「空をかついで~shon'jir~」へと引き継ぎ、鋼語りはまだまだ続きます。
リンク、RSS等は新ブログへ引継いていただければ嬉しく思います。
 
引っ越しに伴いこちらでの拍手、コメントも受け付け終了とさせていただきます。
何かありましたらメールフォームまたは引っ越し先のブログへとお願いします。

 鋼FA感想INDEX    雑誌・コミックス感想INDEX

鋼の錬金術師 27巻 [コミックス感想]

鋼の錬金術師 27 (ガンガンコミックス)

これで本当に最後、最終巻です。
劇場版の前売りゲットでスタンプ押してもらいましたので記念の一冊になります(^^ゞ

何だかね、もう…。雑誌の感想で書いてアニメの感想で書いて、合間にいろいろ雑感も交えてもう語ることも無いような気もします。あ、いえまだ彼を語っていませんね(^^ゞ

ガンガンで何度も読んだはずなのに、これを読んでしまったらもう全て終わってしまうような気持ちでなかなか読めずに最初に後ろから…(笑)オマケから読んじゃいました。

 

オマケ4コマ、生アル満載でウハウハです(笑)


個人的にカミカミ兄さんがめっちゃツボにハマりました!こういうエド、好きなんだよね~。

荒川先生、ガーフィールさん好きですよね?wwwDVDのおまけと言い4コマ出演率高いと思います。んでもって、こういう扱い&ネタ好きです(笑)

で、本編ですが。
細かいことはもう何度もFA感想やガンガン感想で言っているのでもういいかな…。

何度読んでも、涙が出るところ…それは何故かグリード絡みです。
他にも名場面はてんこ盛りであるはずなのに、何故か?そんなに思い入れが強いのかな?と自分でもびっくりします。
彼の中にあった空白と渇きは、彼が求めてやまなかったものとは一寸だけ…そのほんのちょっとが大きいのですが別の物で埋まっていったのではないかという思いがあります。そこを知っている(理解している)のはリンだけなんですね。そこのところ、自分の言葉でなかなか書けないでいますが(^^ゞ

一番好きなシーンをあげるとしたら、いや、もう選べないですね(^^ゞ

エドウィンな私はやっぱりプロポーズシーンが好きです。でもこの台詞、どっかで聞いたような気もするのですよ。意外と普遍的で良くある台詞なんじゃないかと思います。


実は一番心に響いて印象的だったのはスカーさんなのです。

「名は無くていい。好きに呼べ」

なんてかっこいいんでしょう。いやそれだけでなくこの言葉にかかる意味の深さが私の心を捉えました。

復讐の為に名を捨てスカーとして生きてきたその間に、彼は色々な人と出会い学び変わっていきました。以前の名の彼でもなければ、名も無きものでもなく、「スカー」として。だから2度、生まれ変わった(生かされた)彼は、また新たな名前で呼ばれていくのでしょう。
その人の事を何と呼ぶか?それは人それぞれでいい。誰が何と呼んでもその人の本質は変わらない。呼ばれる者ではなく呼ぶ者の方にその意味があるのだと思います。

以上、以前ガンガン最終回感想で自分で書いた記事から抜粋です。うん、これ以上の事は書けないから(笑)そのまま引用しちゃいます。すみません(^^ゞ

ああ、これで本当に鋼も最終巻。明日、DVDが届いて…。

でもまだまだ私たちは踊らされて行くのでしょうね(笑)「クロニクル」ですよ!どんな豪華本?
劇場版もまた、どんなものか期待半分怖さ半分です。
あ、きっと豪華愛蔵版とかも出る?かな?(笑)出たら買っちゃう?よね?

…あ、そういえばワングーでも何か特典あるらしいですね。メイトとか行く気にはなれないけどワングーなら近所にあるし行きやすいので行っちゃおうかな…(^^ゞ

<雑誌掲載時感想>

 107話 最後の戦い

 108話 旅路の果て その1

 108話 旅路の果て その2

 外伝 もうひとつの旅路の果て

 

  前巻26感想


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。