So-net無料ブログ作成
検索選択
お知らせ
当ブログは2010年11月をもって更新終了とさせていただきます。
記事は「空をかついで~shon'jir~」へと引き継ぎ、鋼語りはまだまだ続きます。
リンク、RSS等は新ブログへ引継いていただければ嬉しく思います。
 
引っ越しに伴いこちらでの拍手、コメントも受け付け終了とさせていただきます。
何かありましたらメールフォームまたは引っ越し先のブログへとお願いします。

 鋼FA感想INDEX    雑誌・コミックス感想INDEX

インタビューとか特集とか [雑感]

何故かそういうものを積極的に読もうと言う気持ちになりません。

何故だ?

アニメスタッフのインタビューは結構読んだかな?でもそれはDVDについていたりガイドブックにあったりしたもので積極的にアニメ誌などを読んだりはしないです。

今までにハマった漫画やアニメなんかだともう財力の限りを尽くして(笑)グッズや関連書籍やインタビューを漁り、すべてを知り尽くしたいと願う強欲さんだったのにね。

鋼は色々な意味で今までとは違う特別なモノなんだなあ~。

最初にも書いたように・・・・。

鋼にハマった初期のころからずっと頑なに原作コミックスオンリーで作者の描いた外伝ですら読まなかった私です。
ホント、最初の頃なんてね、おまけつきのコミックスと通常版が並んで書店にあってもあえて通常版買ってたりしたんですよ!
そういう私の頑なな心を切り崩しほぐしてくれたのは今期アニメ「鋼の錬金術師FULLMETAL ALCHEMIST」であった訳です。

FAがあったから、外伝も読もうと思ったし、グッズにもちょこっと手を出したりしたし、イラスト集も買ったし、ゲームも買った・・・。
私に対してのプロモーションは完璧じゃん!(笑)FA!

そんな流れでFA放送の初めのころにはダヴィンチなんか買って原作者インタヴュー読んだりしたこともあったわね・・・そういえば。でも何かね、読まなくても別に良かったかな・・・なんて思ってしまったんですよ。読んだことを後悔した訳じゃないんだけど。

ユリイカの藤田先生特集のインタヴューも読んだけどね。

私の中の鋼は作品から受け取ったものだけでいいのよ!
そう思いたいのかな?作者の人となりや考え方はコミックスのおまけ漫画で大体想像できるその範囲で充分だと思ってしまう。
イラスト集のあとがきとかコメントから想像できる作者像もあるし。
百姓貴族も面白いし。
あそこから鋼が錬成されてきたんだ~わ~!と思えるだけで色々想像できて楽しいと思うのです。

でもね、きっと目の前にインタヴュー雑誌とか出されたら読んじゃうだろうな~。決して拒否してる訳じゃないし、求めていない訳じゃないんです。ま、その程度の脆い壁ではあります(笑)

きっとあと5年とか10年とかしたら(ひょっとしたら一年後とか)もっと積極的に読みたくなるかもね。
今はまだ、作品からのパワーを受け取るだけで精いっぱいです。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。