So-net無料ブログ作成
検索選択
お知らせ
当ブログは2010年11月をもって更新終了とさせていただきます。
記事は「空をかついで~shon'jir~」へと引き継ぎ、鋼語りはまだまだ続きます。
リンク、RSS等は新ブログへ引継いていただければ嬉しく思います。
 
引っ越しに伴いこちらでの拍手、コメントも受け付け終了とさせていただきます。
何かありましたらメールフォームまたは引っ越し先のブログへとお願いします。

 鋼FA感想INDEX    雑誌・コミックス感想INDEX

FAと荒川鋼ともう一つ。 [雑感]

今更ながら、FAと原作がほぼ同時進行でファイナルをむかえたのって凄い事ですよね・・・という記事を書こうと思っていたのですがうまく文章が纏まりません。

変な話なのですが、ほんの僅かな差ではあっても原作がアニメより前に終わったという事が嬉しくて仕方ないんです。

何故?

それは荒川弘の「鋼の錬金術師」が確立した上でのFAであってほしいと私が切望していたからなんだと思います。

最終回間際のあの原作のボリュームを考えると、アニメスタッフに内容だけ伝えておいて先にアニメが終わり、それを後追いするように原作が数ヵ月後に終わると言う形になってもおかしくないですよね?でもそうはならなかった。

荒川先生が鬼のように(か、どうかはわからないですけど 笑)大増ページを繰り出してくれたおかげなんです。それって凄い事だよなあ~と改めて今頃(遅過ぎ)しみじみと思い、何だか知らないけどうるうるしてたりします。

FAスタッフも多分ギリギリまで原作を待ってあれだけの物を作りだしてくれた。

 

もしFAが先に終わってしまっていたら・・・・。私の感じ方も変わっていたかもしれません。

実際アニメみていたコミックス派の人たちは形上そういう事になっているんですけど、実際発表された時期が重要なんです。
その辺の事を上手く言えない自分がもどかしいんですけど(苦笑)

 

で、そのクライマックスにおいて。
原作とFAがほんのわずかな差でほぼ同時進行に近い形となったときに・・・私の中でこの二つが微妙に絡み合ってほどけなくなりました。
FAと、原作の、キャラや細かい設定の機微が違っているのはわかるのですがそれらを超えてお互いが補い合って一つの作品として私の中に存在するような感覚があります。

1クール目や2クール目ではなかった感覚。あくまでもこのクライマックスにおいて・・・です。

FAも、荒川原作も、一つの作品として存在します。
それとは別に・・・いや、別というには近すぎる気もしますが確実に私の中には入り混じった第三の鋼が存在します。

そんな感覚で居るのは私だけなのかもしれませんが。

 

 

 

だからなのかな?原作が先にきちんと終わってくれたことで荒川鋼が確立しているような気がするのです。
う~ん。やっぱりうまく言えない。

FAも、荒川鋼も、第三の鋼も・・・・私の大切な「鋼の錬金術師」であると、自信もって言えます。
これだけは。


コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

コメント 1

コメントの受付は締め切りました
conian

08/09 22:20 匿名様 拍手&コメントありがとうございます。

楽しみですね外伝。どんな内容になるんでしょうか?
もしかしたらこれをもとに劇場版?色々想像妄想してしまいます。
まだまだ鋼の楽しみが続くのは嬉しい事です。
by conian (2010-08-10 22:02) 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。