So-net無料ブログ作成
お知らせ
当ブログは2010年11月をもって更新終了とさせていただきます。
記事は「空をかついで~shon'jir~」へと引き継ぎ、鋼語りはまだまだ続きます。
リンク、RSS等は新ブログへ引継いていただければ嬉しく思います。
 
引っ越しに伴いこちらでの拍手、コメントも受け付け終了とさせていただきます。
何かありましたらメールフォームまたは引っ越し先のブログへとお願いします。

 鋼FA感想INDEX    雑誌・コミックス感想INDEX

鋼FA60話 天の瞳、地の扉 [鋼FA感想]

これから毎週泣きます。きっと多分絶対。
今日なんかガンガンCM見て泣いてますよ、私。何よ、あの走馬燈のようなCMは。

そして毎週長くなりそうです・・・いや、それはいつもだけど(笑)

原作全108話と気がついたのはずいぶん前ですが、凄いです。仏教で言うところの煩悩の数です。狙った訳でもないだろうに。
お父様、七つの大罪で良かったですね、煩悩108人兄弟じゃなくて。
なんて馬鹿な事を言ってる場合じゃないですよ!!!

※原作未読な方は若干のネタばれを 覚悟してください。一応配慮はしますがどうしても「この先を知っている」部分が滲み出てきてしまう事もあります。察しの良い方にはわかってしまうかも・・・程度だとは思いますが。

地味に気になっていたブロッシュ君、やっとマリアさんと合流しました。今回のちょっとした和みです。

先週同様、「事実を認めよ、錬金術師」という強い口調は無く、「そんな真理は認めない」といったエドに対して「ふ~ん、そうなの?」といった感じで軽く流してるなあ、お父様。それって・・・もう真理なんてどうでもよくって、お父様の中で勝利が確定してる余裕ってことなのでしょうか?お父様にとっての真理って 何なんだろう?

この時点で中尉はまだ大佐に何が起こったかわからない。だから不安だろうなあ・・・。
それなのに中尉の胸がゴリさんの腕に・・・とか、大佐の腕が師匠の胸に・・・とかついボインネタをチェックしてしまう自分、馬鹿です。

アニメになって何が凄いかってね、お父様の表情がもう自由自在。目玉がギョロッと発生してこっちを向いたり睨んだり。
更に今回の流血描写、妙に血が生き生きしてるというか(笑)自ら意思を持って飛び散っているように見えます。それがいいところと気になるところとあります。

メイも必死ですよね。前回賢者の石を見逃してますからここで頑張らないと本当にアメストリスに来た意味が無くなってしまう・・・。
でもね、メイ、あなたはここで賢者の石よりももっと素晴らしいものを得ているのよ!リンは賢者の石を得て、代わりに大きなものを失う事になったけれどあなたはまだ何も失っていない。まだね。
(原作未読の方、深読みしないでくださいね。本当に何も失っていませんから!)

メイのアクションもいいんですけど必要以上にシャオメイが動いていて、いつに無く泣き声も多くて悶えます。傷つき倒れたメイに駆け寄るシャオメイ!!!いや、その前に無駄に巨大化したのかと思ってしまいました(笑)シャオメイファン?誰ですか?

イシュヴァールの方たちが逆転の錬成陣にかかわる何かを仕掛けにセントラルを巡っています。スカーとマルコーさんが地道に廻って来た事の成果なんでしょう。そしてその中心にスカーがいる。
スカーを中心に・・・。破壊者であったスカーがここにきてこんな役回りにつくなんて。
それにしても奥さん!悲鳴が半端ないです(笑)何もしてないのに・・・・。そんなに怖いですか?イシュヴァール人?いや、でもきっと本当に怖いんだろうなあ・・・。アメストリス一般人のイシュヴァール人に対する認識ってこうなのかもしれません。

スカーとブラッドレイの対決。こういう所で手を抜かないお約束ですね。いつ見てもブラッドレイ関連の戦闘シーンはカッコいいです。火花のフラッシュバックも素敵。頭突きのときに血しぶきがスローモーションだなんて!

ブラッドレイの辿り着きたかった場所。自分を縛る枷が無くなって自由になった彼。名を与えられ、役割を与えられ、最後のホムンクルスとしてお父様の元でアメストリス大総統としての役割を全うしてきた彼ですが、本当のところ名もなき者に戻りたかったのかもしれません。回復不可能なくらい傷つき死を目前にして やっと辿り着いたここで。
そういうブラッドレイに対峙するのは自ら名を捨てたスカーなんですね。
名も無きもの同士・・・・でもスカーの場合はどうなんでしょう?
復讐の為に名を捨てイシュヴァールのコミュニティからも外れ一人でいた彼ですが、ヨキと出会い(笑)メイ、そしてマルコーと行動を共にすることで徐々に人と のかかわりを取りもどし、さらに色々なことを経て(端折ります 笑)結局イシュヴァールの中に戻っていきました。イシュヴァール人の敷く逆転の錬成陣の中心に存在して尚且つ兄者の錬成陣を得た彼は今でも本当に「名も無きもの」なんでしょうか?

自分の名前を取り戻す・・・というのもいいですけど、案外スカーという名前で新たに・・・というのもありかなあ~なんて思ったりもします。だって今の彼の周りで支えている者達は「スカー」が育んできたものだから・・・。

「私を壊して見せろ!名もなき人間よ!!」
頭突きアップで言われれるよりもこっちの方が数倍カッコいいですね。血ヘド吐く姿すら素敵です。

アイキャッチがウィンリィってことはあそこまで、やっちゃうんですね・・・。と、しみじみ。

メイの盾になってお父様の銃弾を受けるアル。いいですね~。こういうところはアルメイプッシュですよ!

エドVSプライドはね・・・エドが左足踏ん張ってシコ踏む所がツボでした(笑)
小柄と言われて切れないエド!
今回作画綺麗なのでエド見て久しぶりに萌えました。

師匠の錬成したボウガンがでかいというか何というか・・・こういう無駄っぽいところ、好きです。アルの錬成も派手でいいです。さらに本当にまさしく・・・・全然役にたってない大佐にも(中尉の心配に免じて)ちょっとだけ萌えてあげます。

せっかくいいところに颯爽と登場したのに今回印象薄いっす(涙)グリードさん。何故半硬化?
(それは美しくないから・・・違)
でも彼の今回のこの台詞は・・・。

遂に、お父様の計画通り錬成陣は発動しちゃいます。軍旗が飛んでいきます。この日の為に作り上げたアメストリス軍の旗はボロボロになって風に・・・・。

お父様が欲したこの「神」と呼ばれるモノは一体何なんでしょう?
地の扉から出てきた巨神兵(デイダラボッチ?)は地球のエネルギーを手に入れたお父様で、天(日蝕の太陽)にいる瞳が神?
それはお父様の「真理」なんだろうか?「お父様」を縛りつけていた大きな存在ってなに?
お父様はホムンクルスとして扉の向こうからこの世に引っ張り出されたのだとしたらその扉はどの扉なの?

馴染みのキャラがそれぞれ苦悶の表情で倒れていく姿は、その前に元気な姿を映し出したことによって更に心理的ダメージが大きくなっていて辛いです・・・・個人的に、パニーニャが・・・。
(ガーフィールさんが妙にイケメン(?)なのも気になります)
ばっちゃんの「殴ってやる」同様、グラマンの台詞も良かったんですけどね・・・。逆転を信じている感じがして。
倒れるウィンリィもエドの名を呟いて・・・信じているんだよね。

まだ、逆転の錬成陣があるから・・・・。

信じていても、やっぱり涙は止まらない。
原作でこの回を読んだ時、もう何も言わずに荒川先生を信じて次号を待とう!と、そういう感想を書きました。わりと同じような事を皆さん書いていたような気がします。

でも何?このアニメの圧倒的な絶望感は。
信じて次週を待つという事も許されないどん底につきおとされた気分です、大野木さん!!twitterでうそぶいていたけど貴方ってば!!(褒めてます)



鋼FA59話 失われた光

 

TB
http://kokorotekutek.jugem.jp/trackback/534


コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アニメ

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
kon

いつもお世話になってます。
え……これ、どうなるの? な展開で、茫然としています。
これからタイムラグがあって、逆転するんだよねパパの練成陣で! と、見ている最中からずっと自分に言い聞かせてたりします。
荒川先生があれで終わらせるはずがない。そんな気持ちです。

パニーニャちゃんもマリアさんもグラマン中将もショックでしたが、(自分でも意外だけど)ブラッドレイ夫人が衝撃でした。

最後の巨大お父様、巨神兵ですか。ウチでも色々意見が出ました。何だか、想像力を刺激する姿でしたね。

どうなるんだろう。来週予告では皆元気に戦ってたから、それを心のよりどころに視聴します!

by kon (2010-06-07 21:03) 

conian

kon様
>荒川先生があれで終わらせるはずがない。そんな気持ちです。
本当に!そう信じるしかないですよね。原作読んだ時まさにそんな気持ちでした。来週の予告だけが頼り。

巨神兵とかデイダラボッチとか(笑)エヴァもあり?お父様の人造人間補完計画なんてのもありました(笑)
何にしてもいきなりでかい話になっていてビックリです。

夫人は確かに・・・何もしないであのままなの?ブラッドレイィィィ!と叫びたくなりますね。

これから毎週怒涛の展開です。きっと毎回泣きます、私。
by conian (2010-06-07 23:02) 

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。