So-net無料ブログ作成
お知らせ
当ブログは2010年11月をもって更新終了とさせていただきます。
記事は「空をかついで~shon'jir~」へと引き継ぎ、鋼語りはまだまだ続きます。
リンク、RSS等は新ブログへ引継いていただければ嬉しく思います。
 
引っ越しに伴いこちらでの拍手、コメントも受け付け終了とさせていただきます。
何かありましたらメールフォームまたは引っ越し先のブログへとお願いします。

 鋼FA感想INDEX    雑誌・コミックス感想INDEX

鋼FA50話 セントラル動乱 [鋼FA感想]

「period」も「瞬間センチメンタル」も今日が最後です。ちょっと寂しい。

で、私は今回もテレビの前で両手を叩いて腹を抱えて大笑いさせていただきました。38話以来です。
いやあ、こういうシーンがちょこっとあるだけでも心の潤いになりますね。

今回マスタング組とブリッグズ兵の対比が面白いと思いました。
セリフも何もかも原作通りなんですけどね。
イシュヴァールで沢山の人の命を奪ってきた大佐たちは急所を外し死者ゼロを貫き、そんな大佐たちを甘いと嗤う姐さん仕込みのブリッグズ兵は容赦なく兵を仕留めていく、その姿が印象的でした。

また、大佐達が名もなき兵たちの命を奪わずにクーデターを進めていくのに対して、少将は自分たちだけ安全な所にいて口先だけで物を語る高官をバッサリグッサリ切り捨てていきます。
もちろんブリッグズ兵が高官だけを狙っているわけではないのですが(名もなきブリッグズ兵が名もなきセントラル兵を殺していく姿も描かれていますし姐さんは 高官と一般兵を差別したり(笑)しないでしょうから)ここは大佐と少将のそういうところが強調されているように見えるので、それがスカッとするんですよね。

アームストロング家地下のブリッグズ兵キター!
暗闇から一瞬のモヒカンンの後、一筋の光が差し込み明らかになる兵の姿と便所サンダル!むくつけき男どもの姿が光とともに現れその奥、暗闇で光る赤い光!!

笑っちゃうシーンじゃないんですよ!超カッコイイんですよ!!でも何故?私は腹を抱えてテレビの前で転げまわっているんだろう(笑)←楽しいからいいんです。

「ブリッグズ兵?」で後ろからグサッ!もいい見せ方です。BGMもいい。

とはいえ、チャーリーさんたち・・・あれれ?ここで増田英雄伝説は?出すならココだろうと思ってたんですけど。この後はどうなのかな?それとももう出さないつもり?この後で・・・となるとラジオキャピタルあたりが限界ですね。
確かに彼らと大佐は旧知であり気の置けない関係だということは明らかになってますけど。イシュヴァールでの炎の錬金術師と鷹の目と、いまこのクーデターにおける二人の違いを強調させているからいいのか??え~?

レベッカさん、素敵巨乳(爆)←そこ?
涙のリタイアだった二人が戻ってきました。ロス少尉とハボック!でも全てをレベッカに持っていかれた感じがします。

レベッカの催涙弾ぶちかましシーンのタイミングとか、催涙弾の中突っ込んできて突破するトラックとかが楽しいです。
ただしトラックのステアリングには突っ込みを入れたい!いいの??アレで?

今回は安定した作画でオッサン達がオッサンらしいイイ味出してます。彼らをちゃんと描いてくれるだけでも私は嬉しいです。特に今回ジェルソがいいなあ~。
あらためてパパの錬成した土ドームの凄さが・・・。画面の迫力って奴でしょうか?
アルとエドの拳骨コツン。なんかちょっと寂しいです。

メイがどうやって地下に忍びこめたのか?そういうことでしたか!

スカーの口から「メイと」なんてセリフが出てきただけでドキドキしてしまう私はもう末期かもしれません。
「メイと共に・・・・」「メイと共に・・・」・・・・・。(エコー)
しかし凶悪なキメラのうじゃうじゃいる場所で「このメンツなら行けるだろう」って・・・たしかに凄いメンツですけどあなた以前メイと二人で突破したんですよね?
メイ=キメラ3人+エド+ホーエンハイム+ランファンですか?どんだけ凄いんだ?メイ戦闘力。

さすがに第三研究所のアレ、ポンチ絵じゃなかったですね(笑)しかしその後のヒラリ~や「お前酷いねえ」が嬉しいです。FAドシリアス設定なホーエンハイムなのでこういうちょっとした小ボケと突っ込みにニヤニヤします。
ランファンを解放する助平オヤジ(byジェルソ)に完敗。

素敵姐さんもいよいよ参戦です。いいなあ、セリフもキメポーズも何もかも格好良いです!
ここで「痛み」についての言及がありますが、これって1巻最初の「痛みの伴わない教訓」と何かリンクあるんだろうか?
最初のアレってアンチテーゼなんじゃないかと思ってみたりもするのだけれど。

戦闘人形の「げきょきょきょきょ」「あ”~~~~~」が不気味すぎて夢に見そう。
ラストのエドが素敵に格好良い!

来週、愛される敵役キンブリーさんは出ますかね?それよりスカーとメイの再会はまだですか~?
作画が良さげなので期待しちゃいます。

鋼FA49話 親子の情


コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

コメント 3

コメントの受付は締め切りました
kon

こんにちは! 私もずっとニコニコしながら見てました。
レベッカさん、イイ女ですよ認識が甘くてすいませんって感じでした。女傑がここにもひとり。
ところで便所サンダルって? あれ?もしかしたらあの赤眼は……。うわわ、再チェックしなきゃ!
そういえばエドの回想シーンで、あの方は目を赤く光らせてたような。うわ、なんか気づきそびれて損した気分です。私もconianさんと一緒に大声で笑いたかったですよ。

ニマニマが止まらなかった「メイと共に~」な一言。
スカー的戦闘力方程式、納得です。そうか、メイちゃんは「最終兵器彼女」だったのか!

それと。いつもここに書くのを忘れるのですが、てブロも拝見しています。センスが良くて素敵です!
というか、文章だけじゃなくて絵も巧みなんですね。すごいです。
by kon (2010-03-30 19:21) 

conian

03/30 12:18 kobachi様 拍手&コメントありがとうございます。

スカメイ、かなり末期ですよね。ええ、自覚はあります(笑)50話は絵音楽もよかったし、細かいところが丁寧楽しく見れました。便所サンダル、要チェックですよ!
手ブロの感想もありがとうございます。エドウィン頑張りました!ポーは・・・もっとちゃんと見て描けばよかったと思います(笑)コメント漫画は癖になりそうです。
kobachiさんも手ブロで遊びませんか?
by conian (2010-03-31 00:01) 

conian

kon様

にまにま、止まりませんよね。
konさんも便所サンダル見逃しましたか?私はあのサンダル時点で転げまわっていました(笑)
今からでも遅くは無いので大声で笑ってください。

スカーにとってのメイは戦闘値以外の隠しパラメーターが高そうです。

手ブロの方もありがとうございます。
元々絵描きオタクだったもので。元の画力がショボイ上にブランク長くて・・・でも褒めていただけると嬉しいです。調子に乗ります。文章の方はコンプレックスだらけです。苦手を克服するつもりもあってこのブログ始めたようなものです。少しは上達したんでしょうか?(笑)だったら嬉しいです。
by conian (2010-03-31 00:04) 

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。