So-net無料ブログ作成
お知らせ
当ブログは2010年11月をもって更新終了とさせていただきます。
記事は「空をかついで~shon'jir~」へと引き継ぎ、鋼語りはまだまだ続きます。
リンク、RSS等は新ブログへ引継いていただければ嬉しく思います。
 
引っ越しに伴いこちらでの拍手、コメントも受け付け終了とさせていただきます。
何かありましたらメールフォームまたは引っ越し先のブログへとお願いします。

 鋼FA感想INDEX    雑誌・コミックス感想INDEX

鋼FA49話 親子の情 [鋼FA感想]

エドがほんとにもう大人になったなあ・・・と実感。絵的にも精神的にも。アルもね。
でもアルは絵的にはちょっとわからないんだけど(爆)

もう本当にクライマックスではあるんだけど、まだそこに突入するための前哨戦なんですよね。

今回はオッサン達がイケメン化しております。え?そう感じるのは私だけですか?

プライド戦。アニメならではの見せ方というかエドを追ってきた触手が分かれていくところやその後のプライドの表情なんかがぞくっとします。

今回は初っ端からもうグリリンはグリードですね。グリードはランファンをさっさと見捨てて行っちゃうのにエドが彼女をフォローしてるのが何とも言えません。
で、ランファンをスルーしたグリードはハインケルをフォロー!(ナイス!)
仲間に対する思いは同じでも、仲間基準が違う二人なんだなあ。中のリンはランファンが心配だろう。

ホーエンハイムとアルの連携作戦ですが、この時「アル!」と駆け寄るエドを黙って制止するパパと、怪訝そうにパパを見つめるエドの表情にすっごく心惹かれまし た。父親の真剣な表情を見て考え思いとどまるエド。二人のマジ顔にノックアウトです。この些細なシーンに萌えてます。

パパの錬成も大迫力でした。えぐれた地面の大きさが凄いんですけど・・・。

ここでのエドは自分の不甲斐なさを感じてやるせないんだろうなあと思います。せっかく再会したのにちゃんと会って話すことも出来ずにアルはプライドと闇の中に閉じ込められてしまいましたし、その計画に反論しようともぐうの音も出ない。父親の錬成の凄さも認めたくないけど認めざるを得ない状態です。

でもそれらをちゃんと受け止めていくんですね。赤コートシーンはもっとバサッと全面に出すのかと思ったら意外にあっさりで、それよりも着込んでいく方をちゃんと描いてました。決意のコートです。

ばってん傷のあんちゃん・・・おじちゃんでなくてよかっ・・・・・(ぐふっ)
メイはエンヴィーを連れたままセントラルを彷徨っていますよ!心配だよ!
津村さん脚本なのにヨキ様「ただいるだけ」でちょっと寂しいです(笑)ここで活躍されても困りますが。
てかここの禿親父のインパクト強いんですけど(笑)何者?

イヤ~~~。キンブリーさんの鼻歌っ!蝋燭プレイ(違います)

アルとプライドの会話がプライドのプライドたる所以というか・・・指摘されてやんわりと反論して自分が正しいんだと言い聞かせている感じがいいです。
人柱の選定基準がプライドの言う通りならばやはりジュドーさんは人体練成経験者ではあっても候補外ですね。あの人はあの屋敷内の世界で完結している人なので外の世界がどうなろうと興味ないような気がします。え、キンブリーさん?論外。

夫人に対するホムンクルスの見解は、ラースの件も含めて今後どう持っていくのか気になります。

先週大佐の口からこの戦いが大総統の座を狙ったクーデターであることをハッキリ言わせておいて、今回のこのヒューズの墓前で何も語らぬシーンを出し、そしてそこにリザがいるということは・・・。
もちろんそれは大佐と中尉の絆であるとか、ヒューズもそこに大きくかかわっていたことからこれから起こる(起こす)出来事への決意であるとかそういうシーンなんだとは思います。が、その一方でやっぱりアレについての伏線じゃないかと深読みしてしまいます。FAはあそこをハッキリさせようとしているんじゃないかと。

アレについては色々言いたい事、考えていたことがあるのでその場になったらまた書くと思います。

キメラーズの内輪もめをニヤニヤ聞いてるマルコーさん萌え(笑)
ゴリさんが微妙にイケメン寄りになって何だかですが素敵筋肉には反応したいと思います。胸毛が無いのは仕様ですか?
朝日と決意のエドも素敵です。これから段々主人公たちが小出しになるので(笑)出てるときに十分堪能しないとね。それに伴ってオッサン大活躍に超期待。

今回も長いCパート。いよいよ日蝕。
そしてマスタング組が!!作画すっごいかっこいいんですけど!名も無い軍人さん含めて。
来週、イシュヴァールの増田英雄伝説に言及はあるのでしょうか?
DVDのCMが凄い迫力だったので期待しちゃいます。

鋼FA50話 セントラル動乱

鋼FA48話 地下道の誓い


コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

コメント 3

コメントの受付は締め切りました
kon

こんにちは~。おっさん達がイケメンで頬が緩みました。
作画がすごく好みで、それも嬉しかったです。

>グリードはランファンを身捨てて
たしかに。グリードにとってきめらーずが「仲間」で、ランファンは「リンの女」なのかもしれません。
そう考えると、ランファンを「この先頼りにしてる」という言い方でかばうエドにとっては、両方等しく仲間なんでしょうか。

パパの練成も迫力あったし、エドのコートも良かった。
墓参シーンは「うわぁ」と妙な声を出してしまいました。
存分に楽しめました。明日落ち着いて再視聴しようっと。
by kon (2010-03-22 11:23) 

conian

kon様
今回素敵絵でしたね。イケメン絵で筋肉質で嬉。

>ランファンを「この先頼りにしてる」という言い方でかばうエド
ここ良かったです。リン(グリリン)やキメラーズともども仲間だと思ってますよね。そして大切に思って心配している。あと機械鎧仲間でもあるから・・・その辺に少なからず責任みたいなものも感じているのかなあ・・・とも思います。

墓参りシーンの追加は私も唸りました。その他もろもろ、ちょっとしたいいシーンがいっぱいで何度も見てます!
by conian (2010-03-22 15:40) 

conian

kobachi様 拍手&コメントありがとうございます。

アレ、ですよね?kobachiさんのアレ考察も楽しみにしています。
細かい演出、本当によかったです。このまま突っ走って欲しいです。
そしてヨキ様に同意していただけてちょっと嬉しいです(笑)
by conian (2010-03-24 21:00) 

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。