So-net無料ブログ作成
お知らせ
当ブログは2010年11月をもって更新終了とさせていただきます。
記事は「空をかついで~shon'jir~」へと引き継ぎ、鋼語りはまだまだ続きます。
リンク、RSS等は新ブログへ引継いていただければ嬉しく思います。
 
引っ越しに伴いこちらでの拍手、コメントも受け付け終了とさせていただきます。
何かありましたらメールフォームまたは引っ越し先のブログへとお願いします。

 鋼FA感想INDEX    雑誌・コミックス感想INDEX

鋼FA48話 地下道の誓い [鋼FA感想]

今回も、ほぼ原作通り。可もなく不可もなく・・・いや、不可はあったよ。またしても自然界の脅威にさらされました、FA。←実際その時私は車に乗っていて、渋滞にはまって居眠りしてたんですけど起きましたよ!結構揺れました。
全体ではエピソードの多少の入れ替わりがあって、相変わらずちょっとしたセリフの追加が状況をわかりやすくしてくれています。
これから先、たたみかけるようにどんどんアクションシーンが続いていくんだろうなあ・・・。監督の日記でもスタッフ皆凄い頑張りを見せてくれているようなので先が楽しみでもあります。

ランファンVSグラトニーが凄いです。グラトニーがバッサバッサと切られてドバドバと流血して・・・私的にはもうリアルさを通り越して非現実的なものを見 ている境地でした。ああいうのは心理的にはインパクトありますが、リアルじゃないからね!!(と言ってみる)いや、効果としてはわかるんだけど・・・どう して映画やアニメの血ってあんなにドロドロしてんの?

ランファンがバッサバッサと切り刻んでいくのに対してリンは拳ひとつで勝負!心なしか仕草もグリードというよりはリンな感じです。何かグリードっで生身でも筋肉固そうなんだけどリンの方は (若いので←爆)しなやかな感じがします。

「てめえ、こんなイイ女かくしていやがった!」にテレもせずさらっと流すリンもいいです。が、グリードさんいくら賢者の石状態?でももうちょっと格好良くしてくれないかな~。総裁X?

フー爺さんの説明を暗闇で聞くエドとゴリさんが素敵(笑)目線が全然合ってないところがリアルです。声や音には目線がそっちに向くようになってるのね。

加勢に行ってブッ飛ばされるエドに!何か久々に!うわ~もうどうしようこいつ憎らしいくらい可愛いぜ!という感じで萌えました。ほら、最近おっさん達やグリードさんや大人っぽいエドや、エドウィン的な萌えばかりだったので。豆が豆らしい単体で萌えたのは久々です。

今回最大の見せ場と私が思うのはプライド描写です。
何ですかこの凶悪な可愛さは。作画の手の入れようは。子供なのに不敵な表情を見せてにやりと笑うプライド。こういうのは好きな人にはたまらんのですよ。(でも私は何故かプライドにはハマらないんですよね。同じショタでも兄弟の幼いころとかには萌えまくるんですけど)

小さい錬金術師のお兄さん!といわれて一瞬切れるけど冷静さを取り戻しプライドに対峙するエドも素敵。そうよね、もう今はそんなことで一々頭に血がのぼっていたらやってられないですから。

えっ と・・・マスタングのターンを狙ったように地震情報のテロップが邪魔してるとしか思えません(笑)マダムの言葉から大佐がこのあと何をしようとしているのか察することが出来ますが地下道では大佐がハッキリ「大総統にとって代わり国家を建て直す」とか言っちゃってます・・・言っちゃってますよ、この人。そこからも確かに大変なんだけどさ、今はとりあえずそこまで辿り着く方が大変なんじゃないのか?とか突っ込んでみてもいいですか?

「何を今更」がない!

アルからプライドを切り離すところは原作の方がアルの力の抜け具合が実感出来たように思います。
グラをとり込むプライドが・・・「暴食」であるグラトニーを食べてしまうプライドは不気味そのもの。

「仲間を喰いやがった!」というリンの言葉。それはグリードからも滲み出てきているんだろうなあ。硬化する右手。それをランファンは見逃さない。ここに 居るのは若であり、若でないもの・・・・。ランファンはこの後、グリリンという存在をどう捉えてゆくんだろう?と思います。

今回はCパートが意外に長かった!
夫人を誘拐するマスタング一行ですが、ホークアイ中尉の表情が切ない感じです。それはブラッドレイの夫人に対するあの想いを聞いているからなのか?

次回予告のゴリさんが妙にスッキリイケメンに見えたのは気のせいですか?チェックポイントがそこってどうよ?

鋼FA49話 親子の情

鋼FA47話 闇の使者


コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
kon

こんにちは。自然災害には勝てませんね。
大佐の顔にべったりテロップ。自然はロイに何か含むところでもあるんでしょうか。
この先はずっとアクションですね。モブもタイマンもどんと来い!

グリードに比べると、リンはしなやか。ええ、その説には大いに同意です。その差を探すのが楽しみの一つです。
あ。飛ばされるエドに萌えたのも、仲間仲間。

「仲間を喰いやがった」はグリードだと思ってみてましたが、リンでしたか。渡し、ここはグリードに身体をとり返して出てきて欲しいところです。

ゴリハイ、次週はイケメンでした。作画に期待していいでしょうか。(今回はちょっと……)
by kon (2010-03-16 15:09) 

conian

kon様
リンとグリードの違いは細かいアクションにも出ているような気がします。これからのチェックポイントですね。私も楽しみです。

>飛ばされるエドに萌えたのも、仲間仲間。
嬉!

>「仲間を喰いやがった」はグリードだと思ってみてましたが、リンでしたか。
ここは一応リンが表でそう言ってはいるけどグリードが中から出てこようとうずうずしてる感じがしました。右手、勝手に硬化してますし。こういうさりげない交代の追加シーンが見逃せないです。

次回、イケメンに期待してるわけじゃないですけど(笑)期待してみましょう!
by conian (2010-03-16 20:58) 

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。