So-net無料ブログ作成
お知らせ
当ブログは2010年11月をもって更新終了とさせていただきます。
記事は「空をかついで~shon'jir~」へと引き継ぎ、鋼語りはまだまだ続きます。
リンク、RSS等は新ブログへ引継いていただければ嬉しく思います。
 
引っ越しに伴いこちらでの拍手、コメントも受け付け終了とさせていただきます。
何かありましたらメールフォームまたは引っ越し先のブログへとお願いします。

 鋼FA感想INDEX    雑誌・コミックス感想INDEX

鋼FA46話 迫る影 再視聴 [鋼FA感想]

動画配信で再放送の一足先にクリアな46話を見ました。

ストレスのない視聴がこんなにも嬉しく楽しいものだったなんて!
この回は細かい動きと表情がとても綺麗で豊かだったんですね。いや、そうは思っていたけどやっぱり・・・ねえ?改めて感動しています。

言いたい事の主たる部分はすでに書いてあるので追記するほどの事はないのですがやはりアルの動向についての言及と、グリード&エドの階段での会話が最大のポイントだと思います。(エドウィンじゃないのか?←エドウィンは萌えです。きっぱり。)

邪魔ものが無くなってからあらためてみると、プライドにからめとられるアルは凄かったです。アルの細かい動きと心理が見事にマッチしていましたし、プライドのうねうねの緩急も不気味さアップです。
実はここでセリム声を予想していたので、プライド声だったのが意外でした。 ホムンクルスとしての行動なので当然なのかもしれませんが、あの器で行動するときはセリム声、うねうねメインの時はプライド声と勝手に思い込んでいました、私。

「欲に貴賎はねえ!」に対して「もーちっと節操持てよ」と茶化して並んで歩くのではなく、一度立ち止まり背中を向けたまま無言で立ち去るエドとそれを壁にもたれて見送るグリード。ここも凄く好きです。グリードの言葉がエドの中にどれだけ影響を与えているんでしょうか?

少将と大佐の会話は、本当に「会話」だけなのに飽きない!それだけ表情や見せ方が上手いんですね。ドキドキしました。

大総統襲撃までの流れも所々にグラマンの影を見せつつ、大総統の何かありそうな表情も加えて後に引く展開になっています。グラマン、悪そうで良いですね。大好きです。この辺からリザさん達のシーンに繋げてED曲持ってきて・・・もうわかっちゃいるけどこういう演出にやられた!と思います。

最後にエドウィン。ありがとう(笑)

ちょっと大人になった二人。ウィンリィの胸について皆さん色々言及してますが(私もそれは同意です! )最初の尻アップ!萌えました(笑)いい尻になったよ。

鋼FA46話 迫る影(地図付き)

コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
先月伺ったものです

 先月OP曲の素晴らしさに同感してコメントいたしました。お久しぶりです♪「お父様から切り離された強欲」について語っておられたので、わたしもおお!と思い、考えてみましたよ。
 慾を捨て去れば世界は平和になると説くのは共産主義ですね…中国やカンボジアのブルジョア・インテリへの弾圧につながるものがあります。
つまり、お父様は慾を掻いて戦争ばかり起こす人間を見下して「ゴミ」だとのたまっておりますが、それって「おとうさま=毛沢東、ポルポトの同類」ってことかなぁ…(笑)
 むやみに慾を否定したら、それはそれで問題が生じるものなんですね、きっと。

by 先月伺ったものです (2010-03-06 14:37) 

conian

先月伺ったものです様  コメントありがとうございます。

お父様が共産主義かどうかはわかりませんが(笑)
どんな「欲する心」にも貴賎はないとグリードは言います。例えば「欲しい」→「手に入れる」→「強奪」となるか、→「努力して手に入れる」となるか・・・
それはその人の心のありようと行動によって変わってくるのかなあ?とか思います。
ここではその「欲」が彼らの行動の原動力となっていて、それが敵対するお父様から発生した「強欲」が発する言葉の中に含まれているということが面白いなあ・・なんて思ってみていました。

by conian (2010-03-06 23:40) 

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。