So-net無料ブログ作成
お知らせ
当ブログは2010年11月をもって更新終了とさせていただきます。
記事は「空をかついで~shon'jir~」へと引き継ぎ、鋼語りはまだまだ続きます。
リンク、RSS等は新ブログへ引継いていただければ嬉しく思います。
 
引っ越しに伴いこちらでの拍手、コメントも受け付け終了とさせていただきます。
何かありましたらメールフォームまたは引っ越し先のブログへとお願いします。

 鋼FA感想INDEX    雑誌・コミックス感想INDEX

鋼FA33話 ブリッグズの北壁 [鋼FA感想]

久しぶりにすっごく楽しくてわくわくしました、何このオリジナル展開!
ここまでやってもまだ16巻が終わっていませんよ。いったい何回やんですか?(今までの事があるから逆に心配しちゃいますとか言いつつ、嬉しい叫び。)

ここのところ綺麗な作画が続いていますけど私は今回の絵がすっごく好きです。
エドが必要以上に媚びない可愛さですし、アルもちゃんとしてたし、スカーも素敵でした。
こういう回はEDテロップ見るのが楽しみです。わーい。関口さんだ。
石平さんの回も好きなことが多いなあ。

何といっても前半の見どころはキンブリーVSスカーとエルリック兄弟北国描写。
アニメの何が楽しいって、こういうオリジナル展開の見せ方じゃないですか?

まず、キンブリーのスカー捜索がすごく丁寧です。
そして来たよ、列車アクション。
まさか併走する列車から乗り移ってのアクションだなんて。そうだよね、どうせアニメでやるんだから動きで見せてくれる演出がいいよね!
暗闇の中から、次第に月の光でお互いの顔がはっきりわかるようになり、そして誰と対峙しているのかが解る瞬間。スカーの怒りMAX。このブチ切れ描写好きです。帽子の演出も良かったです。

神に祈る暇はやらん・・・あ、でもキンブリーって真理見てないけど手パンじゃないですか(笑)←意味違う。

鋼FAは初っ端からキンブリー描写に手を抜きませんね。というか力入ってます?
おかげで原作では私の中ではスルー気味だったキンブリーの、悪役としての魅力が十分に引き出されていて目が離せません。何かもうキンブリーの独壇場みたいです。声優さんもノッてますよね。いいです。このまま突っ走って欲しいです。

キンブリーの「誰?」より、ヨキの「無理!」の方が演出派手で笑えました(笑)
わざと?わざとこっちに力入れた?(最近そういう考え方をするようになりました。)

北国の兄弟。
雪に喜ぶ子どもらしい姿に和みます。
階段をこけつまろびつ(笑)エドの滑りっぷりが細かい!アルが慎重に階段を下りるところも、ちゃんと雪で滑りやすくなった階段を下りる感じが出てます。
見ている自分が「ああ、ほら転ぶから!」と声掛けたくなりました。

ここのエドの顔とか、今回のラストシーンのエドの顔とかが好きなんですよね・・・。あと、アップの顔もいいけどロングで引いたところのちょっと省略気味の顔も好き。

こういうところでまたリゼンブールの思い出とか出しちゃうスタッフのあざとさにやられました。(歓迎です)
子アルも子エドも子ウィンリィも可愛いです。何の罠ですか?思わず画像静止して見ちゃいました。
雪だるまも作ったなという思い出が一般人と違いすぎますよ、エルリック兄弟!

「走ったらまた転ぶよ~」「うっせ~」あああああ~~~~もう。(言葉にならない)

マルコーさんの御顔は原作よりソフトですね。いろんな事情がありそうです。(作画とか、お茶の間とか?)

後半はいよいよブリッグズ。
と、その前にラッシュバレー!
あの、ガーフィールさんって・・・三宅健太さんなんですってね。キャストに載らないから誰だろうと謎だったんですけど。スカーじゃん!

ところで師匠は「せんせい」→「ししょう」に変更となったんでしょうか?

バッカニアVSエドが楽し過ぎます。とくにクロコダイルに捉えられた後のエドの動きと間のバランス。でっかいバッカニアにぶら下がってるちっこいエドとかクロコダイルにしがみつくエドが可愛いっす~。動き細かい。アルの頭受け取る前に手振ってますよ!

原作では「機械鎧破壊!!!」とまるで往年のアニメ必殺技のような心の叫びをあげていたエドですが
「錬金術が効かねえ」「鉄じゃねえのかよ?」と大変わかりやすく尚且つ自然な台詞になっております(笑)・・・どっちも好きよ。

そして来たよ!出たよ!少佐の姉ちゃん!!
ああ、でもマイルズ少佐の筋肉度が若干薄いような気がします。肩幅が足りん!

迫力倍増した熊VS兎 アンテナむしり発言。姐さんはこうでなくっちゃ!
この映像でsee you next time!(笑)

姐さん、今回は顔見世で終わりですね。来週また色々楽しみです。

北壁キャストですが、姐さんは沢海陽子さん。声優に疎い私ですがたまたま最近見た「エウレカセブン」の女医さんでした。いいですね。
私は合っていると思います。冷静な中に凛とした感じがあってしかも甘すぎない乾いた感じがいいです。
バッカニアの大友龍三郎さんは私の中のイメージはアビゲイル(バスタード)なんですけど・・・・てか、それしか知らない。いつの話?

Cパート。マルコーさんとメイ。
「これが希望の書となるか、絶望の書となるか。」
この先、さまざまな人たちの思いを一つにまとめる為の・・・。

鋼FA34話 氷の女王

鋼FA32話 大総統の息子

TB
http://kokorotekutek.jugem.jp/trackback/506


コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アニメ

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
kon

こんにちは!
キンブリー、すごく存在感がありますよね。奴は無駄に頭がイイに違いないと思っていましたが、そんな演出が意外なくらいきっちり描かれているのが嬉しいです。
好きキャラじゃないけど、こういう人がいると話が締まるというか。スカーとの対決は燃えましたね。

雪のリゼンブールは驚きました。まさかこんなオリジナルが挟まるとは。
雪だるまには私も笑いました。ええ、こういう話大好きです。
オリジナルといえば、ヨキさんの「無理」はどちらでしょう? 私は「彼にまでオリジナル?!」と思ってしまったのですが、自信がないです。

少将の声、いいです。声優さんはよく知らないのでピンときませんが、これからずっと「少将の声の人」と思うことになるでしょう。

by kon (2009-11-25 17:38) 

conian

kon様
いつもコメントありがとうございます!

>キンブリー
この存在感は原作以上で、次の登場が楽しみなキャラの一人です。ええ、決して好きとか萌えとかじゃあ無いんですけどね(笑)

>ヨキの「無理」
これはFAオリジナルですよね?あと爆風で飛ばされるところも。炭鉱無しにされた割にフォローが多いですね。ヨキ様。

私も声優さんには詳しくないので今後はこのイメージですね。
来週のマイルズ声も楽しみです。


by conian (2009-11-25 20:10) 

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。