So-net無料ブログ作成
お知らせ
当ブログは2010年11月をもって更新終了とさせていただきます。
記事は「空をかついで~shon'jir~」へと引き継ぎ、鋼語りはまだまだ続きます。
リンク、RSS等は新ブログへ引継いていただければ嬉しく思います。
 
引っ越しに伴いこちらでの拍手、コメントも受け付け終了とさせていただきます。
何かありましたらメールフォームまたは引っ越し先のブログへとお願いします。

 鋼FA感想INDEX    雑誌・コミックス感想INDEX

DVDが来たよ~! 3 [関連商品等]

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 3(完全生産限定版) [DVD]

家電量販店で購入です。

7話~10話。
ジャケットがこの二人なのはもう当然なのかも知れませんけど、後ろの電話ボックスが・・・・。


そして今回の目玉はやっぱりドラマCD「ふたりの兄弟」
でもその前に4コマ。

4コマ劇場OPがっ!!ヒューズ&シェスカの掛け合いで始まります。
エンドレステープのようなヒューズ(笑)

「マスタングがやばい」で涙出るほど笑わせていただきました。ほんとやばいよ。
ジャケットイラスト見て涙ぐんだ自分がウソのようです。この巻でこの4コマ描いちゃう荒川先生が好きです。
君のハートに火をつけようズッキューン♪の間髪無しで入るところが妙にツボにはまってしまい大変でした。
・・・音楽 千住明となってますけどまさか?(いや、BGM使ってたからそれの事だと思うけどさ)

 

本命「ふたりの兄弟」
14巻「おまけのエルリック家」の便所バケツから、ウィンリィへのプロポーズ作戦、小川、イシュヴァールとブランコ。
ホーエンハイムの家出。そこから二人が錬金術を覚えるきっかけとなるエピソード。そしてトリシャの死。

ちょこちょことエドに絡んでくるホーエンハイムが、アニメではまだ見せていない不器用な父親ぶりを見せていていいなあ。

キーワードとして出てくるのが「あきらめるな」という言葉。きっとそれはエドに投げかけつつも自分自身に向かって言い続けていた言葉なんだろうと思います。エドは覚えていないだろうけどそれは心の奥に刻まれているのかもしれません。
だから今、親子で「あきらめない」道を選んで進んでいくんですね。

しかし、パパ。子エドに「あきらめるのか?」十年後には「逃げたな」容赦ないですね(笑)
どっちも自分に対しても言ってるし。

「ここは俺がいるべき場所じゃない」
鋼FAではまだここで迷って葛藤しているんですね。化け物である自分がここにいてはいけないと。
「狭間の宴」に繋がっていますね。
でも、やっぱり、あなたが戻るべき場所はリゼンブールなんだと思います。だから帰って来たんじゃないですか?トリシャと子供たちが待っているリゼンブールへ。
と、私がCDに向かって叫んでも無駄なんですけど(笑)

エドの夢落ち。やっぱ「狭間の宴」と対比させてるのかな?
でも全部覚えてるわけじゃないと思います。全てがエドの夢・・・ではないと思います。

でかくて真っ赤なザリガニ好きなエド。 ウィンリィと一緒に繊細なレインボーフィッシュを捕まえようとするアル。
父親に対する行き場のない思いを書斎の本を滅茶苦茶にするという子供らしい方法で解決しようとするエドと、訳も分からず巻き込まれて一緒に行動しているアル。

あ~映像で見たかったです!!

・・・ところで「ふたりの兄弟」だってのに、またパパ語りになってるよ?自分。駄目だ~っ(笑)

<追記>
トリシャをあそこで泣かしちゃいかんだろう・・・とか思ったり。その理由はこちらに
ってもこの記事じゃ解り辛いか。子供たちの前でわかるようには泣かない気がしてたので。


コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

コメント 1

コメントの受付は締め切りました
conian

10/29 りざ様 拍手&コメントありがとうございます。
CDの内容が幼き兄弟で無かったら私も購入はどうだったかな?と思います。予約はしたけどキャンセルして通常版買ってたかもしれません。
4コマは是非見てください。これは見ないと(聴かないと)損だと思います。
そして腹がよじれるほど笑ってください。
by conian (2009-10-30 19:42) 

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。