So-net無料ブログ作成
お知らせ
当ブログは2010年11月をもって更新終了とさせていただきます。
記事は「空をかついで~shon'jir~」へと引き継ぎ、鋼語りはまだまだ続きます。
リンク、RSS等は新ブログへ引継いていただければ嬉しく思います。
 
引っ越しに伴いこちらでの拍手、コメントも受け付け終了とさせていただきます。
何かありましたらメールフォームまたは引っ越し先のブログへとお願いします。

 鋼FA感想INDEX    雑誌・コミックス感想INDEX

FULLMETAL ALCHEMIST Original Soundtrack 1 [関連商品等]

ジャケットイラストにめげずに買って良かった!!(笑)

全体的に暗めで重厚なオーケストラ仕様で、ヨーロッパテイストです。
ワルシャワ録音っ!と思ったら全部では無く半分くらいは東京でした。

一期の音楽を中心に、ということですがむしろメインはリゼンブールじゃないか?というくらいの選曲に思えます。
そのくらい兄弟とその過去、リゼンブール関係のテーマが多い気がします。
メインテーマも3拍子、リゼンブールも3拍子で、同じテーマです。そういうことなんですか!
過去と故郷の切なくて哀しくてでも懐かしく温かい曲から、未来に向かっていく力強い曲まで全30曲、堪能しました。

千住明さんのコメントもよかったです。当たり前のことだけど原作を熟読しているのがよくわかるコメントで劇伴に対する考え方もそれに合わせて書いてくださっているように思います。

ああ、でも。一番好きなあの曲が入っていなかった!のはショックです。いや、その曲自体は入ってますよ、2ヴァージョンも。でも私は好きなのはその中でもギターヴァージョンだったのでそれが無くて残念です。

わざわざ1と銘打っているのできっと2もあるよね。

各曲コメントなんて無謀なことをやってみました。
日本語は適当直訳ですので、色々見逃してください(笑)
楽器も音楽も詳しくないですから間違ってるかも。
wは(笑)ではなくてワルシャワの意味です。

抜けているところは後々追記します。

1. Main Theme ~The Fullmetal Alchemist~  メインテーマ鋼の錬金術師  w
三拍子の重厚なメインテーマ。
DVD一巻のCMで盲目の錬金術師に被さって流れていた印象が・・・
兄弟決意の階段シーンもこれでした。
重厚でどこか物悲しく、でも力強いまさに鋼の錬金術師のメインテーマ。

2. Laws of Alchemy 錬金術の法則(等価交換) w
錬金術とは~で始まる家弓さんのナレーション入りアバンでさんざん聞いた曲です。
アバンでは聴く機会のなかった後半が良いです。
ここでもコーラスの盛り上がりがあって、そこに重なるティンパニーがさらに。

3. again ~アニメ Version~

4. Nightfall in Central City セントラルの黄昏   w
第一話アバン。始まりのようで、終わりのようでもある曲。
後半はDVDのチャプターメニュー画面で流れています。このメニュー画面で聴いたときが凄く印象に残っていて、アメストリスの国歌みたいな感じかなあ~なんて思った覚えがあります。

5. Fire in the Sky  燃える空 空の炎 w
重くてかっこいい曲です。fireってことは大佐ですか?

6. Clash of the Alchemists 錬金術師の衝突(対立) 錬金術バトル  w
これもCMの印象がつよいです。DVD発売。
一期戦闘シーンってこればっかりだったような気もしますが・・・。
てか、これしかなかった?

7. Lurking  潜むもの
全回あらすじとかでよく聴いた様な気がします。

8. Mist 霧  w

9. Spiral of Truth 真実の螺旋(真実の奥の更なる真実)
という割にはスカーVSグラトニーの地下バトルだったり、第三研究所に突っ込むバリーだったり。

10. Mortal Sin 大罪 w
ずし~ん、どか~んと来た後、静かにコーラスが入ります。そのまま盛り上がり果てる感じ。
ヒューズのあのシーン(涙)や、イズミ師匠登場シーン等。

11. One is All, All is One 一は全、全は一
バリーの最期がこの曲でした。それと師匠の人体練成から。
とても物悲しいしんみりさせる曲です。静かで穏やか。
ヴァイオリンが綺麗に盛り上げてくれます。こんなタイトルだったんだ。

12. Requiem of the Brigadier General  准将の鎮魂歌 w
すみません、タイトルそのまんまでストレートすぎて泣けてきます。
テーマを奏でているのは何?クラリネット??(尺八に聞こえた自分の耳を疑います(笑)ワルシャワでそれはないだろう!)
この音が凄く切ない。
墓を掘り起こして師匠問いかけるシーンで使われていたのが印象的でした。

13. 嘘 -「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」ED Ver.

14. Lullaby of Resembool リゼンブールの子守唄  
ストリングスヴァージョン。
リゼンブールの回想シーンなどでよくつかわれています。
勝手にリゼンブールテーマと位置づけ。
このテーマが凄く好きなんです。
色々なパターンがあるんだけど今回はこれとトリシャヴァージョンのみ収録。
他のも入れてほしい~。

15. Interlude 間奏曲 
確かに場つなぎなところでよく使われていたような・・・。
兎追いしかの島(笑)

16. ホログラム ANIME Ver.

17. Far East Suite  極東組曲 w
ハープがきれい。極東ってイシュヴァールなんでしょうか?ユースウェルってことはないか(笑)
シンかな?とも思ったのですが一期ということなのでやっぱイシュ?
他の曲がヨーロッパのイメージなのに対してどこか異国情緒あふれた曲。
ヨーロッパの人がイメージした東洋的な。

18. Beneath the City 都市の下 地下 w
お父様のテーマなんだよね、きっと。地下で静かに陰謀をめぐらせる・・・。

19. Fifth Laboratory 第五研究所   w
その名の通り。重苦しい印象。途切れたり繰り返しだったりするところが不安を煽る。

20. Fanfare for the Brave  勇気のファンファーレ 勇気への応援歌 w

21. Trisha’s Lullaby トリシャの子守唄   w
リゼンブールテーマ、コーラスヴァージョン。歌詞わからん。
前作でいうところのブラーチャ的な位置づけなのかもしれないけど、それが兄弟テーマではなくトリシャであるということが意味深。誰か訳してください・・・・。

22. Concerto ~Brotherhood~ 協奏曲 兄弟愛 w
兄弟。でも悲しく辛い罪のイメージではなく「愛」とぬくもりを感じる曲です。

23. Hum of the Streets  街角のハミング
何か楽しげな曲。

24. Beyond the Walls 壁を越えて w
静かに始まり、段々重厚になっていく。後ろで小さくなり続けていたシンバル?が段々大きくなっていく。
この静かな盛り上がり方が凄い。
第三研究所の扉の前でアルが「もう誰も殺させない」「守ってみせる」と言って中尉をかばうシーンで、過去に死んでいった者たちを回想しながら徐々に高まっていく感情と合わさって凄い効果です。

25. Next Chapter 次章  w

26. Home ~en route to Resembool~  我が家 リゼンブールへの道 
楽しい我が家的な。

27. Lapis Philosophorum  賢者の石 w
勝手に命名「賢者の石」多分・・・。でもラピス・・・瑠璃って青っぽいイメージなんだけど。
こういうコーラスに弱いです。
最近聴いたばかりの「カンタータ・オルビス」を思い出しました。
というよりはきっと「カルミナ・ブラーナ」?ああ、歌詞知りたし。
賢者の石をwikiで調べたらLapis Philosophorumで正解でした。ラテン語でした。瑠璃は関係ないし。
つか、鋼の記事書いてるならそれくらい知っていようよ!自分。

28. Happiness ~Requiem from“The Blind Alchemist” 幸福~鎮魂歌「盲目の錬金術師」
あそこにある幸せは謳歌できるようなものではなく悲しさと虚像の上に立つ脆いものだから。

29. Home ~a house on the hill 丘の上の我が家  
このテーマを奏でている楽器は何ですか?ポルトガルギター?ファド?
6話、初ウィンリィの時にかかってました。
Home のファドヴァージョン?
これを入れるならLullabyのほうのファドヴァージョンを入れてほしかったなあああああああ。

30. Overture ~Brotherhood~ 序曲 兄弟愛  w
何故最後に序曲?

31. LET IT OUT -「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」ED Ver.


コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

コメント 1

コメントの受付は締め切りました
conian

10/17 06:53 りざ様 拍手&コメントありがとうございます。
こんな記事でもお役に立てて嬉しく思います。
セリフや効果音が無くなるとそれまで気がつかなかった色々な音が聞こえてきて、アニメを見ている時とはまた違った楽しみ方が出来ていいですよ。

拙い記事の更新も読んでいただけて嬉しく思います。これからもよろしくお願いします。
by conian (2009-10-17 21:56) 

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。